すずろぐ

人生大逆転を目指す、鈴木俊吾の成長日記

WindowsでサクッとSwiftを試すなら「IBM Swift Sandbox」がおすすめ!

IBM Swift Sandbox

どもども、すずしんです。

最近、私はiPhoneアプリの開発に興味を持ち始めました。
iPhoneアプリを作るためには、Objective-CもしくはSwiftの学習が必要となります。
個人的には、Swiftが気になっていますね。

基本的には、iPhoneアプリを作るにはMacのパソコンでなければいけません。
Windowsでも開発できないことは無いのですが、設定などが少々難しいです。

そこで、もっと手軽にWindows環境でSwiftを試すことができないかと色々調べてみたところ…。
IBM Swift Sandbox」というものを発見しました!
これなら非常に簡単に利用できますよ。

Swiftとは?

Swiftというのは、iOSなどで使う事ができるアプリケーションを開発するためのプログラミング言語です。
SwiftはAppleが作り出し、Objective-Cに代わる新たな言語として設計されています。
スクリプト言語のような感覚で設計することができ、比較的簡単にアプリケーションを作成することが可能らしいです。
基本的には、SwiftはMacでの開発を想定されています。

Swiftの特徴

動作が軽い

SwiftではLLVMという高速なコンパイラを使用しています。
そのため、プログラムを実行した際に非常にスムーズな動作をしてくれます。

コーディングがしやすい

Objective-Cは、他のプログラミング言語と比べても難しく、習得には時間がどうしてもかかってしまいます。
それに比べて、SwiftではRubyやPythonのようなスクリプト言語の要素が採用されているため、比較的習得がしやすく簡単にコードが書けるようになります。
セミコロンが不要、型の指定が不要、などといった特徴を持ちます。

IBM Swift Sandboxとは?

IBM Swift Sandboxというのは、IBMが提供しています。
ウェブブラウザ上からSwiftのコードを編集・実行・シェアすることができます。
IBM Swift Sandboxは、以下のリンク先になります。

IBM Swift Sandboxの使い方

IBM Swift Sandboxの使い方はとても簡単です。

画面左側にSwiftのコードを書いていきます。
そして、実行するには画面中央下にある再生ボタン(▶)をクリックします。
すると、プログラムの実行結果が画面右側に表示されます。

IBM Swift Sandbox

サンプルプログラム

ここでは、フィボナッチ数を求めるサンプルプログラムを書いてみました。

fib()は引数nで与えられたn番目のフィボナッチ数を返す関数です。
そして、このfib()を使って、1番目から10番目までのフィボナッチ数を表示しています。

func fib(_ n: Int) -> Int {
    if(n == 1 || n == 2) { return 1 }
    return fib(n - 2) + fib(n - 1)
}

for n in 1...10 {
    print(fib(n))
}

実行結果

サンプルプログラムをIBM Swift Sandboxで実行させると以下のようになりました。
確かに、フィボナッチ数が正しく表示されているのが分かりますね。

1
1
2
3
5
8
13
21
34
55

ひとこと

今回の記事では、ウェブブラウザ上でSwiftを実行することができるIBM Swift Sandboxについて紹介してみました。
これなら、かなりお手軽にSwiftのコードを書いて動作チェックすることができますね。

Macのパソコンであれば、そのままXCodeでSwiftを使って開発ができますが…。
Windowsの場合では、Swiftの開発環境を整えるのはなかなか大変です。

Windows環境で、Swiftのプログラムをサクッと書いて試してみたい場合には…。
このIBM Swift Sandboxを使ってみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。
それではまたお会いしましょう。
あなたの心友でありたい、すずしんより。