すずろぐ

人生大逆転を目指す、鈴木俊吾の成長日記

指定ドメインを検索結果から除外するPersonal Blocklistの使い方

Chrome拡張機能 - Personal Blocklist

どもども、すずしんです。

普段、私は何か調べものをするときには…。
ウェブブラウザはChromeで、検索にはGoogleを利用しています。

検索結果を見ていると、時々見たくないサイトが引っかかることがありますよね。
具体的に何かというのは、想像にお任せしますが…。
こういったサイトは、そもそも検索結果から除外したいと思いませんか?

実は…それができるのですよね!
Chromeの場合では、「Personal Blocklist」というChrome拡張機能をインストールして使うとできます。

そこで、今回の記事では…。
このPersonal Blocklistの簡単な使い方について紹介したいと思います。

Personal Blocklistのインストール

何はともあれ、このPersonal Blocklistをインストールするところから始めないといけませんね。
以下のリンク先から、Personal BlocklistをChromeにインストールしてください。

Chrome拡張機能 - Personal Blocklist

インストールは、「CHROMEに追加」ボタンを押すだけです。
インストールが完了すると、Chromeのウィンドウの右上に拡張機能ボタンが表示されます。

Chrome拡張機能 - Personal Blocklist

Personal Blocklistの基本的な使い方

それでは、以下からPersonal Blocklistの基本的な使い方について書いていきます。

除外する方法1(Google検索結果の〇〇をブロックをクリック)

Googleで検索した際の検索結果に表示されている、「〇〇をブロック」をクリックします。
すると、〇〇のドメインがブロックリストに追加されます。

Personal Blocklist - ドメインのブロック

追加されたブロックリストは、Personal Blocklistの拡張機能ボタンを押すと確認ができます。
この例では、NAVERまとめのドメインがブロックされているのが分かりますね。

Personal Blocklist - ブロックリスト

除外する方法2(今表示しているドメインホストを除外する)

上記の方法以外にも、除外の方法があります。
今見ているページのドメインを除外したい時に、Personal Blocklistの拡張機能ボタンを押します。
そして、「現在表示中のドメイン/ホストをブロック」を押します。

Personal Blocklist - 現在表示中のドメインホストをブロック

これで、この例では除外リストにNAVERまとめが追加されているのが分かると思います。

Personal Blocklist - ブロックリスト

除外したドメインのURL編集

除外したドメインのURLを編集するには、Personal Blocklistの拡張機能ボタンを押します。
すると、ブロックリストが表示されますので…。
その中から、編集したいドメインの左側にある「編集」のリンクをクリックします。
編集可能になりますので、サブドメインの部分を好きなように編集してください。

Personal Blocklist - URL編集

ちなみに、このサブドメインの部分を空欄にすると…。
この例では、naver.jpが付いているドメインを全て除外することができます。

除外したサイトを一時的に表示する方法

一度除外したサイトを一時的に表示したい場合には…。
検索結果の下の方にスクロールすると、「Personal Blocklist拡張機能によって一部の検索結果が除外されています。」という文字があります。
その「表示」をクリックすると、一時的にブロックしていたサイトが赤く表示されます。

Personal Blocklist - Personal Blocklist拡張機能によって一部の検索結果が除外されています

ブロックを解除する方法1(ブロックリストから解除)

ブロックを解除するには、Personal Blocklistの拡張機能ボタンをまずクリックします。
そして、ブロックを解除したいドメインの左側にある「ブロックを解除」のリンクをクリックしてください。

Personal Blocklist - ブロックを解除

ブロックを解除する方法2(Google検索結果から解除)

もう一つ、ブロックを解除する方法があります。
それが検索結果から解除するというものです。

まず、解除したいドメインが表示されるように検索をします。
でも、まだ検索結果にはブロックされているので表示されません。

検索結果の下の方にスクロールしていくと…。
「Personal Blocklist拡張機能によって一部の検索結果が除外されています。」という文字があります。
その「表示」をクリックすると、一時的にブロックしていたサイトが赤く表示されます。

Personal Blocklist - Personal Blocklist拡張機能によって一部の検索結果が除外されています

その赤く表示されているところにある、「〇〇のブロックを解除」をクリックするとブロックが解除されます。

Personal Blocklist - 〇〇のブロックを解除

ひとこと

今回の記事では、指定ドメインを検索結果から除外するChrome拡張機能の「Personal Blocklist」を紹介しました。
比較的簡単な操作で、見たくないサイトを非表示にすることができるようになります。

おそらく、あなたにも見たくないサイトというのは存在していますよね?
そういったサイトは、このPersonal Blocklistで徹底的にブロックしてしまいましょう。
ただし、設定を間違えると本来必要なサイトまでブロックする可能性がありますので、そこは気をつけて利用してくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
それではまたお会いしましょう。
あなたの心友でありたい、すずしんより。