すずろぐ

人生大逆転を目指す、鈴木俊吾の成長日記

ブログに個性が欲しいなら、記事の締めの言葉を検討しませんか?

ブログ記事

こんにちは、すずしんです。

他の方のブログ記事を読んでいると…。
何らかの締めの言葉が書かれていることがあります。

例えば、以下のような感じですね。

「じゃあの」
「それではっ!」
「お読みいただきありがとうございました。」

私のブログ記事の場合…。
記事の内容によって、その都度締めの言葉を変えてきました。

別にこれでも悪くは無いと思うのですが…。

「今までよりブログに個性を出したい!」
「もっとブログの存在を覚えてもらいたい!」

と、考えるようになりました。

そこで…。
私は、自分のブログで使う締めの言葉をどうするか検討してみることにしました。

締めの言葉は個性になる

締めの言葉を一定にしておくと…。
そのフレーズが読者の頭の中に残りやすくなりますよね。

すると、「この〇〇のフレーズは〇〇さんのブログだな」と記憶されます。
記事の内容までは覚えていなくても、最低限フレーズだけでも覚えてもらえれば万々歳ですよね。

数あるブログの中から、自分のブログの存在を知ってもらえるだけでも嬉しい。
さらに、覚えてもらえるとなればもう最高ですよね!

締めの言葉の検討

というわけで…。
私のブログでも、何らかの締めの言葉、いわゆる決まり文句のようなものを決めてみたいと思います。

それではっ!

最初の例にも出しましたが、まあよくありそうな締めの言葉ですね。
最後を「っ!」にすることで、勢いと親しみやすさを表現しています。

お読みいただきありがとうございました。

これも無難そうな締めの言葉ですね。
最後まで読んでいただいた人へのお礼の言葉を述べて締めます。
ただ、ありがちな表現なので、個性を出せるかと言うと正直微妙です…。

それではまたお会いしましょう。

個人的に良いかもしれないなと思った締めの言葉です。
次にまた会えることを期待したメッセージです。

親愛なるあなたへ、すずしんより。

手紙風の締めの言葉を考えてみました。
読者への感謝の気持ちを込めています。
パッと見た感じ、このタイプの締めの言葉はあまり見かけないかも?

あなたの心友でありたい、すずしんより。

心の中で友達でありたい、そんな気持ちを表現してみました。
書いていて、一番オリジナリティはあるかもしれないなと感じました。

結論

個人的に、書いていて気に入ったのが…。

「それではまたお会いしましょう。」
「あなたの心友でありたい、すずしんより。」

の2つでしたので、これらを両方採用することにしました。

個人的には、もっとインパクトがある締めの言葉が思いつけば良いのですが…。
今のところ、これと言って決定的な言葉が出てきませんので、暫定的にこれで決めておきます。
一応、オリジナリティは少しあるかなと思っていますので、まあ良いかなと。

ひとこと

ブログの締めの言葉を固定しておくと、そのブログの個性の一つとして認識してもらえるようになります。
そんなわけで、私のブログも何か個性をつけたいなということで、今回締めの言葉を考えてみました。
インパクトには欠けるかもしれませんが、それでも無いよりはマシかなと思います。

あなたのブログでは、何か締めの言葉を決めていますか?
もし決めていないのなら、この機会に考えてみるのも悪くないかもしれませんよ。

それではまたお会いしましょう。
あなたの心友でありたい、すずしんより。