すずろぐ

人生大逆転を目指す、鈴木俊吾の成長日記

読書の秋!今後読みたいと思う、気になる小説本を紹介

小説

こんにちは、すずしんです。

最近は寒くなってきて、もうすっかり秋らしくなってきましたね。
ところで、秋と言えば、そう。
読書の秋」ですっ!
読書がしたくなる季節になりました。

やはり、私も秋になると、何となくこれまでよりも読書がしたくなってきます。
何だか不思議ですよね。
あなたもそんな気分になりませんか?

今回の記事では、そんな読書の秋にちなみまして…。
私が今後読みたいと思っている、個人的に気になっている小説本を紹介してみたいと思います。

殺戮にいたる病

以前、面白い本が無いかとインターネットで情報を探していた時に、おすすめとして紹介されていた本でした。
叙述トリックが使われているという事で…。
最後の最後にどんなどんでん返しがあるのか気になっていますよ。
きっと「あっ!」と驚くのでしょうね!

水車館の殺人

私は、綾辻行人さんの本では、前作の「十角館の殺人」を読んだことがあるのですが…。
そのあまりの衝撃の展開で非常に驚きましたよ!
「あぁ、これが叙述トリックなのか!」と思いました。
読んでいてとても面白かったです。

そんな綾辻行人さんの館シリーズの第二弾ということで…。
これは期待せずにはいられませんね!
またきっと騙されてしまうんだろうなぁ。

アヒルと鴨のコインロッカー

伊坂幸太郎さんの本は、「死神の精度」を読んだことがあります。
グッと引き込まれる世界観で、夢中で一気読みした記憶がありますね。
伊坂幸太郎ワールドに、私ははまってしまいましたよ。

そんなわけで、私は他の本も読んでみたいと思い、その候補となったのがこちらの本。
タイトルが何となく気になったのですよね。

本屋を襲う事から、その先どんな展開になるのか?
衝撃の展開があるということで、読むのが楽しみな一冊です。

ハサミ男

どんでん返し系のミステリー本が好きな私としては、こちらの本もかなり気になっています。
おすすめとしてもかなり紹介されていますので、既に読んだことがある方もいるかもしれませんね。

どんでん返しがあると分かっているのに、それでも騙されてしまうらしいです。
幸い、私はネタバレ記事を読んでいませんので、新鮮な気持ちで読むことができますね。

一体、どんなどんでん返しがあるのか?
今から気になって仕方がありませんよ。

イニシエーション・ラブ

乾くるみさんの代表作です。
「必ず2回読みたくなる」がキャッチコピーとなっています。
前々から気になってはいたものの、いまだ読めずにいた本です。

タイトルからすると、恋愛ものなのかなと思うのですが…。
実はこれも最後に衝撃の展開が待っているとのこと。
私って、どれだけどんでん返し系が好きなのですかね?(笑)

恋愛小説のようなミステリー小説というのは、一体どのようなものなのでしょうね?
とてもわくわくした気持ちで読み進めることができそうですよ。
本当に2回読みたくなるのか試してみたいと思います。

ひとこと

今回は、今後読みたい小説本を列挙してみましたが…。
基本ミステリー系の小説だけになってしまいました。
まあ、私はミステリー小説を読むのが好きですからね。
どんな展開になるのか推理しながら読むと面白いのですよ。

今回紹介した小説は、どれも衝撃の展開が待ち受けているらしいです。
いやぁ、読むのが非常に楽しみですよ~。
どれから読もうか今悩んでいますよ…。

読書の秋ということで、何か良さそうな本を探しているという方は…。
ぜひ今回紹介した本を試しに読んでみてはいかがでしょうか?
きっと満足できると思いますよっ!