すずろぐ

人生大逆転を目指す、鈴木俊吾の成長日記

これで5点UP!カラオケで歌を上手く歌えるようになるコツ

カラオケ

こんにちは、すずしんです。

おそらく、あなたは時々カラオケに行くことがあると思いますが…。
その際に、上手く歌う事ができているでしょうか?

カラオケは、練習次第で上達することができますが…。
上達するためのコツというものがあります。
このコツを知っているかどうかで、上達するスピードも変わります。

今回の記事では、カラオケで歌を上手く歌えるようになるためのコツについてまとめてみます。
カラオケが上手くなりたいと考えている方には、必見の内容となっていると思いますよっ!

カラオケで歌を上手く歌えるようになるコツ

飲み物は常温の水にする

カラオケにはドリンクバーがあって、色々な飲み物を飲むことができますが…。
飲むものによっては、喉に悪影響を及ぼしてしまいます。

キンキンに冷えている飲み物を飲むと、喉が縮小してしまいますので声を出しづらくなります。
また、アルコールは喉の水分を奪ってしまいますので、喉がカラカラになります。
ウーロン茶やお茶も、実は喉の油分を洗い流してしまうのでNGです。

喉の事を最優先に考えるのであれば…。
飲むものは「常温の水」にしておくと良いです。
常温の水であれば、こうしたマイナスの影響を受けることがありません。

姿勢はまっすぐにする

基本姿勢は、やはりまっすぐ立つのが基本です。
背筋をまっすぐ伸ばし、顎を引きます。
そして、見る方向は正面です。
お腹を前に突き出したり、腰が引けているような状態では、上手く声を出すことができませんので注意してください。

顎を引くと、高音が出しやすくなるようです。
日頃からカラオケの際に意識しておくと良いかもしれません。

マイクは口の位置と平行にする

マイクの位置なのですが…。
口の位置と平行にして、まっすぐ持つと良いです。
こうすることで、自分の声を効率良く拾えるようになります。

集音部分を手で覆っている方がたまにいますが、あれはNGです。
音がこもってしまい、聞き取りにくくなってしまいますので止めましょう。

遠くの人に向けて歌う

これは不思議なのですが…。
遠くの人に向けて歌う事を意識すると、自然と声量がアップします。
ぜひお試しあれ!

腹式呼吸で歌う

歌が上手くなるためには、「喉で歌うのではなく腹式呼吸で歌え」とよく言われますよね。
口や喉はリラックスさせた状態で、腹式呼吸を使ってしっかりと発声しましょう。
腹式呼吸をマスターするには多少時間がかかりますが、練習すれば誰でもできるようになりますよ。
私も絶賛練習中です。

自分の音域に合った曲を選ぶ

人それぞれ、自分が歌える曲の音域というものが存在します。
その音域に合った曲を選ぶようにすると歌いやすくなりますよ。
色々な曲を聴いてみて、これなら歌えそうと思った曲を練習すると良いです。

抑揚をつける

これが結構難しいのですが…。
声の強さに強弱の変化をつけてみましょう。
AメロやBメロでは弱めに、サビでは強めにすると良いらしいです。
上手く抑揚をつけることができるようになれば、「おっ?」と思わせられるかもしれません。

また、抑揚はカラオケの採点の基準にも使われていますので…。
練習する価値は十分にあると思います。

口を大きく開ける

高音が綺麗に出せている人というのは、口を大きく開けています。
口を大きく、あくびをするかのように開けていると、高音が出しやすくなりますよ。

楽しんで歌う

あまり採点にこだわりすぎるのも良くありません。
カラオケは楽しむのがまず第一ですので。
楽しみながら歌うことを忘れないでくださいね。
最も理想的なのは、楽しみながら歌って高得点が取れる事なのですが…。

カラオケの採点基準を知る

カラオケの採点基準を知ることは基本中の基本です。
採点では、主に以下のような項目を見ています。

音程 >> 抑揚 > ロングトーン、ビブラート > 安定性 > リズム感

やはり、何といっても音程が最重要ですので…。
しっかりと曲を聴き込んで、正確な音程で歌えるように練習しましょう。

高得点が取りやすい曲を選ぶ

曲によっては、高得点が取りやすいものとそうでないものがあります。
どうしても高得点が取りたいという場合には、採点の平均点が高めの曲を選ぶと良いかもしれません。

私の経験上、高得点が出やすいと思ったのは…。
「涙そうそう(夏川りみ)」「島唄(The Boom)」「君が代(国歌)」「旅立ちの日に(合唱)」「残酷な天使のテーゼ(高橋洋子)」などでしょうか。
もちろん、人によって点数の出方には差がありますので参考程度にしてください。

練習次第で5点アップするかも!

私もこれらの事を意識しながら、カラオケの練習をしていたのですが…。
歌い続けているうちに、徐々にですが点数が上がるようになっていきましたよ。

JOYSOUNDの採点では、最初の頃は87点あたりだったのですが…。
練習を続けた結果、今では92点が出るようになりましたっ!
以前と比べれば、なんと点数が5点アップした事になりますね。
これはとても嬉しいですよ~。

私でも実践できたのですから…。
もちろん、あなたにだってできるはずです。
諦めずに挑戦してみてください。

ひとこと

カラオケは採点が全てではありませんが…。
どうせやるなら、高い点数を出してみたいですよね。

今回紹介したコツを意識しながら練習すれば…。
数点の点数アップが期待できるのではないでしょうか。
私の場合は、5点アップしましたからね!

カラオケが上手くなりたいと思っているそこのあなた。
ぜひコツを意識しながら練習してみてくださいね。
きっと上達すること間違いなしですよっ!