すずろぐ

人生大逆転を目指す、鈴木俊吾の成長日記

カラオケ 誰でもできる綺麗なビブラートのかけ方の練習方法

カラオケ - ビブラート

こんにちは、すずしんです。

カラオケで歌っている人を見ると、綺麗なビブラートをかけている場合がありますよね。
そんな綺麗なビブラートがかかっている歌を聴くと、上手いなぁと感じたりすると思います。

あなたはビブラートをかけることができますか?
もし今はできないとしても安心してください。
練習次第でビブラートは必ずかけられるようになりますっ!

ビブラートというのは、練習すれば誰でも習得することができる歌唱テクニックです。
今回の記事では、綺麗なビブラートのかけ方の練習方法について書いていきます。
この練習を続けることで、あなたもきっとビブラートを習得できると思いますよ。

ビブラートとは?

ビブラートというのは、簡単に言ってしまうと「周期的な音の揺れ」なのですが…。
ただ音が揺れていれば良いというわけではありません。
音程の揺れる幅が一定、音程の揺れる速さが一定、音が途切れないなどといった条件を満たさないと、綺麗なビブラートとは言えません。

ビブラートには、深いビブラート、浅いビブラート、遅いビブラート、速いビブラートなどの種類がいくつかありますが…。
一般人にとっては、それほど深く考える必要はありません。
自分によってやりやすい、心地良いと思うビブラートがかけられればそれで良いと思います。

綺麗なビブラートをかけるための練習方法

それでは、以下から綺麗なビブラートをかけられるようにする練習方法についてまとめていきます。
いくつか練習方法がありますが、自分に合うと思ったものだけでも構いませんよ。
とにかく実際に練習してみることが大事です。

ビブラートを習得するためには、まず意識的に音を揺らす練習が必要になります。
最初は難しいかもしれませんが、何度も練習を繰り返しているうちに徐々に上達していくと思います。

ビブラート練習法1 母音を何度も強調させる

普段音を伸ばす時には…。
例えば「あーーーーーーーー」というイメージで発声しますよね?

このビブラートの練習では…。
「あーーーーあぁあぁあぁあぁ」というイメージで母音を強調ながら発声してみてください。
すると、意外と簡単に音が揺れると思います。

音が揺れている感覚が分かってきたら…。
今度は音が途切れないように注意しながら、徐々に母音を発音する間隔を狭くしていきます。
この時に、できるだけ音の揺れを一定に保てるように意識してください。

ちなみに、ビブラートは1秒間に6回程度音が揺れるのが理想的と言われていますので…。
それくらいの間隔で音が揺れるように練習をしてみてください。

最初のうちは、音の揺れる幅が安定しないので不自然に聴こえるかもしれません。
でも、練習を続けていくうちに徐々にできるようになりますよ。
諦めずに何度もトライしてみてください。

音の揺れる幅が一定になって、なおかつ音の揺れる間隔も狭くなってくれば、実践でも使えるビブラートになります。
まずはお手軽な、この方法から練習をしてみるのが個人的にはおすすめです。

ビブラート練習法2 音程を上下させる

まず、出しやすい声の高さで声を出し、同じ高さの音を2秒程キープします。
その後、音程を半音程下げた音を2秒程キープさせます。
そして、今後は最初の音程に戻して2秒キープします。
察しの良い方は分かると思いますが、その後は半音下げた音を2秒キープします。
以下、それらの繰り返しです。

慣れてきたら、音程をキープする時間を徐々に短くしていきます。
2秒だったものを半分の1秒にしてみます。
1秒でも上手くできるようになったら、今度は0.5秒でやってみます。
それでも上手くできるようになったら、もっと短くするといった要領です。

これも最終的には、1秒間に6回程度音程が上下するようになるのが理想的です。
音が途切れることなく、一定の間隔で音が揺れるようになれば大丈夫です。
最初はやはり難しいかもしれませんが、練習を繰り返すうちにできるようになります。

ビブラート練習法3 横隔膜でビブラートをかける

横隔膜を使ったビブラートは習得するのが難しいと言われていますが…。
もし習得することができれば、非常に自然なビブラートを作りやすいのが最大の特徴です。
前提として、ある程度の腹式呼吸ができる必要があります。

まず、出しやすい音程の声で発声し、息の量をできるだけ一定に保つようにします。
喉と上半身をリラックスさせた状態のまま、声を胸で響かせるように意識します。
腹式呼吸とリラックスが上手くできていると、これだけで少しは声が揺れると思います。
音を揺らすことができたら、後はその揺れる幅を徐々に大きくしていきます。

横隔膜を使ってビブラートをかける方法は、その感覚をつかむのがなかなか難しいです。
試行錯誤を繰り返しながら、綺麗なビブラートがかけられるようになるまで練習してください。

ひとこと

人によって、どのようにしてビブラートを習得するかには違いがあります。
自然とできるようになったという人もいれば、こういった練習によって覚えたという人もいるのです。
私も上記の練習方法を繰り返し行った結果、ビブラートがかけられるようになりましたよっ!

音を揺らす感覚を上手くつかむことさえできれば、その後のビブラートの習得はかなり早くなります。
「音を綺麗に揺らすんだ」という意識を持ちながらぜひ練習を繰り返してみてください。
ある日突然、ビブラートが綺麗にかかる時がやってきますよっ!