すずろぐ

人生大逆転を目指す、鈴木俊吾の成長日記

卓球 プレースタイル的に表ソフトラバーを使った方が良いのかも?

卓球

こんばんは、すずしんです。

最近、私は卓球を再開しました。
週に2回(今は1回)卓球クラブで卓球をしています。
まだ、卓球クラブに行ったのは1回だけですけどねっ!?

今の私の卓球ラケットは中国式ペンホルダーなのですが…。
表面・裏面共に裏ソフトラバーを貼っています。
両ハンドドライブ主戦型を目指していましたので。

ただ、よくよく考えると…。
今のプレースタイル的には、表ソフトラバーを使った方が良いのではないかと考えるようになりました。

打球法の確認

前回の卓球クラブで、かなり久しぶりに卓球をしました。
その際に、改めて私の打法を確認してみました。

その結果、私はどちらかと言うと…。
ドライブをかけて打つというよりは、パチンと弾くように打っているという事に気づきました。

そのため、裏ソフトラバーを使っている割にはドライブの回転量が少ないのですよね。
さらにテンション系のラバーを使っていますので、スピードがありすぎてコントロールがままならないという状態に…。
強いドライブがかかれば安定するのでしょうが、弾くように打つ癖がありますので、私の場合はどうも上手くいきませんよ。

表ソフトラバーが向いている?

私は身長が低いですので、台から離れれば離れるほど不利になってきますので…。
正攻法としては、台の近くに張り付いて、ピッチの速い卓球を展開した方が向いています。

それなら、いっそのこと表ソフトラバーを使っていった方が良いのではと思うようになりました。
表ソフトラバーなら速攻向きですものね。
弾くようにして打つのも向いていますので、私にはちょうど良いのですよ。

スピン系表ソフトラバー

裏ソフトラバーから表ソフトラバーに変更すると、感覚がだいぶ変わってしまいそうなのが気になりますので…。
表ソフトの中でも、スピン系の表ソフトラバーにすれば、比較的移行しやすいのかなと考えています。

表ソフトラバーは、実は今までに使ったことがあります。
中国式ペンホルダーの裏面に貼って、裏面強打に使っていましたね。
この時使っていたのは、スピード系の表ソフトラバーでした。
決まれば結構な威力でしたよ。

今回検討しているのは、表面に表ソフトラバーを貼るという事です。
つまりメインで使うということですね。
これは初めての試みとなります。

中途半端なドライブを使うくらいなら、表ソフトラバーで思い切って弾いてしまった方が良いですよね。
その方がプレースタイル的にも合っていそうですので。
後は表ソフトラバーをうまく使いこなせるかと言うのが問題ですが…。
これは慣れてしまえば大丈夫なのかな?

ひとこと

というわけで、早速表ソフトラバーを買ってみることにしました。
次回の卓球クラブまでには、おそらく間に合うと思います。

果たして、表ソフトラバーは私にしっくり来るのでしょうか?
多分、大丈夫だとは思うのですけども…。