すずろぐ

人生大逆転を目指す、鈴木俊吾の成長日記

私が使用する卓球のラケットとラバーを紹介!

こんにちは、すずしんです。

先日、私は新しい卓球用具一式を注文していたのですが…。
ついに家に届きました!

卓球のラケットとラバーというのは、人によって組み合わせが色々ありますね。
その組み合わせが気になる方がいるかもしれませんので…。
そこで今回の記事では、私が今度から使用することになる、卓球のラケットラバーについて紹介してみたいと思います。

戦型

まず、私の戦型についてですが…。
私は中国式ペンホルダーを使ったドライブ攻撃型です。
ラケットの両面に裏ソフトラバーを貼って、フォアでもバックでもドライブを中心にして攻撃していくスタイルです。

相当なブランクが空いていますので、特に裏面ドライブが安定しないかもしれません。
できるだけ早い段階で感覚を取り戻せるようにしたいですね。

ちなみに、目指すプレイスタイルのお手本は中国の王皓選手ですね!
王皓選手のような両ハンドでの安定した攻撃ができるようになりたいですよ。
王皓選手本当にカッコいいです!

使用ラケットとラバー

インナーフォースレイヤー ALC.S - CS / Butterfly

私が今回購入したラケットは、Butterflyの「インナーフォースレイヤー ALC.S - CS」という中国式ペンホルダーラケットです。
お値段はオープン価格です。

アリレートカーボンが内側に配置されていて、回転のかけやすさと安定性を重視した薄めのブレードとなっています。
前陣でのカウンタードライブを中心に、安定したラリーができるらしいです。

インナーフォースレイヤー ALC.S - CS

ラクザXソフト 厚 / Yasaka

表面用に購入してみたラバーです。
本当ならテナジーシリーズにしてみたいのですが、お値段がアレなので…。
定価は5,200円+税です。

NSS(ノンスリップシート)とソフトスポンジを組み合わせることで、ドライブ時の安定性を最大まで高めています。
ソフトスポンジでボールをつかまえて、NSSで確実に回転をかけることができます。

ラクザXソフト

ヴェガヨーロッパ DF 1.8mm / XIOM

裏面用に購入してみたラバーです。
ヴェガ系のラバーは噂で使いやすいと聞いていたので、試しに買ってみました。
定価は4,536円です。

軟らかいスポンジとシートの組み合わせのため、ソフトな打球感で扱いやすいヴェガヨーロッパのDF版です。
DFというのはダイナミックフリックションの略で、ラバーとボールの動摩擦力を最大限高める機能のことを言います。
これによって、グリップ力が高まり強い回転をかけることができます。

ヴェガヨーロッパ DF

ラケットにラバーを貼ってみた

ラケットにラバーを貼らないと意味がありませんので…。
早速、ラバーを貼ってみることにしました。

ラケットにラバーを貼るのはかなり久しぶりだったのと、用具が今まで使ったことがないものだったので…。
かなり貼るのに苦戦しました…。
一応貼り終わることはできましたが、若干表面がボコボコです(笑)。
どうやら少し空気が入ってしまったようですね…。

卓球ラケット

ラバーの貼る位置をどうするか悩んだのですが…。
表面はグリップから指一本分くらい空けて貼ることにしました。
裏面はグリップまでピッタリ貼っていますよ。

ひとこと

今回の記事では、私が今後使用する卓球のラケットとラバーについて紹介してみました。
比較的最新のラケットとラバーを使用していますので、だいぶ性能が良いのではないでしょうか。

このラケットの実戦投入は明日になります。
一体どんな感じになるのでしょうかね?
使いやすいと良いのですけど…。