すずろぐ

人生大逆転を目指す、鈴木俊吾の成長日記

スポンサーリンク

Ruby入門 第2回 数値の表現・四則演算および変数

Ruby

こんにちは、すずしんです。

前回に引き続き、Rubyの学習を進めてみました。
今回学習したのは、Rubyにおける数値の表現と四則演算および変数についてです。

数値の表現と表示

Rubyで数値を表現するには、単に数字を並べて書けば良いです。

100
3.14

数値を表示するには、文字列と同様にprintメソッドやputsメソッドを使います。

puts(100)
puts(3.14)

四則演算

当然ながら、数値の四則演算を行う事が可能です。
加算は「+」、減算は「-」、乗算は「*」、除算は「/」、剰余は「%」を使います。

puts(7 + 3) # 加算
puts(7 - 3) # 減算
puts(7 * 3) # 乗算
puts(7 / 3) # 除算
puts(7 % 3) # 剰余
10
4
21
2
1

変数

変数というのは、簡単に言うと値を保持しておく箱のようなものです。
変数に値を入れることを「代入」すると言います。
変数名は、基本的に分かりやすい名前を付けるようにします。

message = "Hello, Ruby!"
value = 10.5
age = 25
name = "Suzuki"

変数の利用例として、直方体の表面積と体積を求めるプログラムを見てみます。

x = 5
y = 10
z = 20
area = 2 * (x * y + y * z + z * x)
volume = x * y * z
print("表面積: ", area, "\n")
print("体積: ", volume, "\n")
表面積: 700
体積: 1000

ひとこと

今回は、Rubyの主に四則演算と変数について学習してみました。
特に難しい事は無いです。
パパッと確認する程度でしたよ。
この調子でどんどんと学習を進めていきたいですね。