すずろぐ

人生大逆転を目指す、鈴木俊吾の成長日記

スポンサーリンク

「何か楽しい事ない?」が口癖の人は要注意!考え方を変えてみよう!

ひとりごと

おはようございます、すずしんです。

最近の私の口癖にこんなフレーズがあります。
それは…「何か楽しい事ない?」です。

私の普段の生活はというと、毎日特にこれと言った変化がありません。
毎日が同じような事の繰り返しです。

別に、毎日刺激に溢れた生活を送りたいというわけでは無いのですが…。
それでも、何らかの変化があると面白いだろうなと考えています。

ところで、この「何か楽しい事ない?」というフレーズ。
よく考えてみると、これってある意味危険な言葉なのかもしれないなと思いました。

「何か楽しいこと無い?」の危険性

この「何か楽しいこと無い?」に秘められた危険性について自分なりに考えてみました。
あなたはどんな意見をお持ちですかね?

人生において、完全に受け身体制になっている

「何か楽しい事ない?」と訊いている段階で、既に人生において受け身体制になっているように思います。
人によって、楽しいと思えることは違いますよね?
それを他人に訊いても、「分からないよ」と言われるだけです。

何事に対しても受け身の状態では、人生をよりよくしようと思っていてもなかなか好転しないのではないでしょうか。
楽しい事を与えられるのを待つだけになってしまいます…。
それじゃつまらないですよね。

やはり、自分から何か楽しい事を見つけて行動するのが一番ですよね!
自分から積極的に動くことで、環境が変わり世界が変わるのです。
(スケールが大きいかな…。)

人生の楽しさは自分が決めるもの

上記の事と関連しますが…。
人生において、ある事柄が楽しいと思えるかどうかは最終的には自分が決めますよね。
人によって決められるものではないのです。

ある人にとってそれは楽しいと思っても…。
自分にとってはそうではないかもしれません。
また、逆も然りです。

本当なら、小さな楽しさや幸せならそこらじゅうにあるのかもしれませんが…。
その事に気づきにくくなっているのかもしれませんね。
幸せや楽しさに鈍感になってしまいますよ。
これはよく考えたらまずいです…。

不満だらけの人生になってしまう

そうした小さな幸せや楽しさを見つけられないでいると…。
「どうして、自分の人生はこんなにもつまらないのだろう」と考えるようになってしまいますね。
実際、私もかなり落ち込んでいた時にはこういう思考になっていたと思います。

楽しい事や幸せな事を見つけられない自分が悪いのに…。
「自分が不幸なのは周りのせいだ…」
などと不満を漏らすようになります。

このような思考を続けていると、不満しか言えない人生を送ることになります。
こんな人生こそつまらないですよね…。
もっと明るく前向きにならないといけませんね!

自分が楽しいと思えることを見つけて行動していく事が大事

結局、何が言いたいのかといいますと…。
「自分が楽しいと思えることを見つけて行動していく事が大事」だということですね。

自分にとって楽しいと思えることは、きっと探せばいくらでも見つかるのだと思います。
ただ、自分がその気になって探していないだけなのですよね。
まずは自分の身の回りから探してみてはいかがでしょうか?

そして、楽しいと思えるような事が見つかったら…。
それにとことんのめり込んでみるのも良いかもですね。
夢中になれることがあるって素敵だなと私は思います。

ひとこと

「何か楽しい事ない?」が口癖になりつつある私は…。
人生において色々と損をしているのだと思います。
こうして記事を書いているうちに、やはりこのままじゃいけないなと感じました。
自分への戒めの意味も込めて、記録として残しておきます。

受け身の体制にはならずに…。
もっと自分から積極的に楽しい事を見つけていく必要があります。
ずっと探していれば、きっと見つかるはずですよね。

「私にとって楽しい事は何だろう?」
自問自答しながら、これから私の楽しい事探しが始まります!
……。
よく考えると、「楽しい事探し」も楽しい事なのかもしれませんね!