すずろぐ

人生大逆転を目指す、鈴木俊吾の成長日記

スポンサーリンク

「世界一やさしいブログの教科書1年生」を読んだ感想。まさに再入門にもおすすめの一冊!

f:id:Suzushin:20170429140135j:plain

おはようございます、すずしんです。

先日、私は書店に行きまして…。
何か良さげな本が無いかと、適当に本棚に並んでいる本を眺めていました。

その際に、ふと私の目に留まったのが「世界一やさしいブログの教科書1年生」という本でした。
私は既にブロガー歴としては1年どころではないのですが…。
再入門にも最適とのことで、この機会に改めてブログについて考えてみたいと思いました。
というわけで、この度「世界一やさしいブログの教科書1年生」を購入するに至りました。

さきほど、この本を読了することができましたので…。
今回の記事では、「世界一やさしいブログの教科書1年生」を読んでみた感想について書いてみようと思います。

主に書かれている内容の概要

この「世界一やさしいブログの教科書1年生」では、まずブログとは何かから始まります。
そして、ブログの運営、テーマの決め方、文章の書き方、SNSの活用法、収益を得る方法などを扱います。
また、ブログで成功した方々の体験談や成功パターンが1章分にわたって掲載されています。
人気記事の書き方、ブログで収益をあげる方法、最強のブロガーになる方法については、それぞれ章を設けて解説しています。

読んだ感想

私はブログ歴としては1年生ではありませんので…。
ブログに関する知識はある程度あると思います。

今回はブログ再入門の意味も込めて、私は「世界一やさしいブログの教科書1年生」を読んでみたのですが…。
文章を読んでいて、「なるほど、確かにそうだよね!」と共感できる部分が多々ありました。
特にブログに対する心構えについては、読者目線に立つという基本中の基本を改めて再認識されられました。

先輩ブロガーの成功パターンが書かれている章では、ブログの説明・収益を得る方法・ブログをはじめたい人へのメッセージが多数掲載されています。
これを読んでいると、それぞれ様々な考えを持っているというのが分かりますが…。
共通して言えるのは、やはり読者の事を常に意識しているという事なのですよね。

ブログで記事を書く以上、そこには読者というのが存在します。
その読者にとって、有益だったり共感できたりする記事を書くことができれば、おのずと人気は出てきます。
まあ実際には、そのような記事を書くのはなかなか大変なのですけどね…。

ですが、「世界一やさしいブログの教科書1年生」には、そのような人気記事を書くためのノウハウが丁寧に解説されています。
私にとっては、既に知っている情報もいくつかありましたが…。
改めて、ブログを運営していくうえでやはり必要な知識だったのだなと再認識することができました。

ただ、実際私のブログ上でこれらのテクニックをうまく実践できているかと言うと微妙です。
私の中では、まだまだ人気記事と言えるものが書けていないように思います。
自信を持って人気記事が書けたと言えるようになるには、さらなる勉強と実戦経験が必要になってくるのでしょうね。
できるだけ早く、読者目線に立った良質な記事を書けるようになりたいです。

この本には、ブログだけではなく、そこから色々と派生する可能性についても言及されています。
ブログを続けていくと、書籍の出版・講演などの依頼・各種メディアへの露出などの機会が発生するかもしれないのです。
これは言われてみれば、結構重要なことかもしれませんね。

これらの可能性としては、私のブログだと現時点ではまだ無いと思いますが…。
将来的にはどうなるか分かりませんよ?
もしかしたら、私にもいずれ何らかのアクションがあるかもしれませんよね。
そういったイベントが発生するほどの影響力を持てるようになりたいものです。

こうして、「世界一やさしいブログの教科書1年生」を読んで、ブログ運営論について改めて学んでみると…。
小手先のテクニックだけでは全然通用しないのだなと痛感しました。
ただ、そう簡単にはいかないからこそ、成功した時の喜びが大きくなるのでしょうね。

知識と言うのは、知っているだけでは意味がありません。
その知識を実践することで生かしてこそ意味を成すのです。
色々と本を読んで学習するのも良いのですが…。
実際にアウトプットする機会が無いとダメだという事ですね。

この本で言えば、ここから得た知識をきちんとブログに生かさなければ読んだ意味が全く無くなってしまうのですよ。
有益な事が書かれているだけに、それだと非常にもったいないです。
本を読んだだけで満足するのではなく…。
本から得た知識を正しく理解して、実際に行動に移すことができるかどうかが肝になりますね。

「世界一やさしいブログの教科書1年生」に書かれていることを上手く活用することができれば…。
ブログはきっと成長してくれると私は信じています。
それだけの説得力が、この本にはあると思います。
ブログに関する幅広い話題をよくここまでまとめてくれたと感謝したいくらいです。

この本の主なターゲットは、ブログを始めて間もない人たちなのでしょうが…。
私のようなブログ経験がある程度ある人にとっても、タメになる情報が満載に書かれていると思います。

正直、私は最初「どうせありきたりな内容しか書かれていないのでは?」と思っていましたが…。
この本を読んでいるうちに、徐々に「実際に買って読んでみて良かった!」と考えが変わっていきました。
著者の染谷昌利さん、この本を書いてくれてありがとうございました!

私にとって、この「世界一やさしいブログの教科書1年生」は、まさにブログ運営論の教科書となりそうです。
もしブログの運営に行き詰まったら、何度もこの本を読み返したいと思います。
この本に書かれていることを実際のブログに実践して、将来的には誰からも愛されるような人気ブログにしていきたいですね。

ひとこと

今回の記事では、染谷昌利さんの「世界一やさしいブログの教科書1年生」を読んだ感想についてまとめてみました。
結論から言えば、「実際に買って読んでみて良かった」と思える内容でしたね。
ブログを運営していくうえで大切な事を改めて再確認することができました。

ブログ初心者はもちろんなのですが…。
ある程度ブログを運営してきたという人にも、この本を読む価値はあると思います。
まさにブログ再入門にもおすすめの一冊でした。