すずろぐ

人生大逆転を目指す、鈴木俊吾の成長日記

ポモドーロ・テクニック - 今すぐできる生産性アップ術

生産性アップ術

こんにちは、すずしんです。

私は統合失調症という病気になってから、どうも集中力が長続きしなくなったと感じています。 いざ作業に向かい始めてもすぐに気が散ってしまい、集中が途切れてしまうのです。 これでは仕事の生産性は極めて低いでしょうね。

そこで、どうにかして集中力を持続させ、生産性を上げる方法はないかと、集中力に関する本を読んでいたのですが…。 その中で「ポモドーロテクニック」という方法があるのを知りました。 これなら私にもできそうだなと思いましたので、私も今後実践してみようと考えています。 果たして効果のほどはどの程度のものなのでしょうか?

ポモドーロ・テクニックとの出会い

私はメンタリストのDaiGoさんの著書「自分を操る超集中力」という本を購入して読んでいました。 その中で、「ポモドーロ・テクニック」というものがあるということを知りました。

やり方については後述しますが…。 この方法は比較的簡単ですし、なおかつ実践しやすいです。 今の自分に向いているテクニックだなと思いました。

ポモドーロ・テクニックとは?

「ポモドーロ・テクニック」というのは、フランチェスコ・シリロさんが90年代の初めに発明されました。 ポモドーロというのは、彼が学生時代に使っていたトマト型のキッチンタイマーにちなんで名付けられたらしいです。

やり方はとてもシンプルです。 何か大きなタスクがある場合、そのタスクを短い時間単位に分割して行い、間に短い休憩を入れます。 具体的には、25分タスクをこなしたら5分休憩する、というのを4回繰り返し、その後少し長めに休憩するというものです。 長い休憩というのは15分から30分ほどです。 1日にこの一連の流れを数回繰り返します。

ポモドーロ・テクニックに必要なもの

このメソッドを実践するのに必要なのは、「タイマー」だけです。 スマホアプリのタイマーでも良いですし、キッチンタイマーでももちろん構いません。 タイマーの他に必要なものが無いというのが実践しやすい理由の一つですね。

ひとこと

ポモドーロ・テクニックは、集中して効率良く仕事をしたいと考えている方に向いているメソッドだと思います。 私ももっと早い時期に知っていれば良かったと思いましたね~。 早速、仕事の際にこのテクニックを使ってみようと思います!

簡単に実践できて効果があるとのことなので…。 ぜひあなたもポモドーロ・テクニックを試してみてはいかがでしょうか?

関連商品