すずしんろぐ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すずしんろぐ

人生大逆転を目指す、鈴木俊吾の成長日記

読めそうで読めない漢字25選!あなたはいくつ読める?

記事

こんばんは、すずしんです。

パソコンやスマホを使うようになると、漢字は読めるけど書けないなんて人が多くなりそうですよね。 私も基本的に文字を書かなくなりましたので、漢字を書くとなるとなかなか大変です。

また、一見簡単そうな漢字でも「これって何て読むんだっけ?」と悩む場面に遭遇することもあります。 そういった時に「どう読むんですか?」と尋ねるのもちょっと恥ずかしいような…。 やはり、基本的な漢字の読み書きはできるようにしておきたいものですね。

というわけで、今回の記事では、一見簡単に読めそうで読めない漢字をいくつかピックアップしてみました。 果たしてあなたはいくつ正しく読むことができるのでしょうか?

読めそうで読めない漢字25選

今回は読めそうで読めない漢字を25個集めてみました。 さぁこれからその漢字の読みを確認していきましょう!

若しも

「もしも」と読みます。 「わかしも」とはまさか読みませんよね?

労わる

「いたわる」と読みます。 まだまだこれくらいなら大丈夫ですよね。

所以

「ゆえん」と読みます。 根拠という意味になります。

設える

「しつらえる」と読みます。 ちょっと難しいかもしれませんね。

弁える

「わきまえる」と読みます。 道理などを十分に心得るという意味になります。

黒子

「ほくろ」と読みます。 意外と読みづらいかもしれませんね。

専ら

「もっぱら」と読みます。 いちずにという意味になります。

挙って

「こぞって」と読みます。 全員でという意味になります。

強か

「したたか」と読みます。 「なかなか手ごわい」という意味になります。

早急

「さっきゅう」と読みます。 「非常に急なこと」という意味になります。

鬼灯

「ほおずき」と読みます。 「偽り」「ごまかし」といった花言葉になります。

蔑ろ

「ないがしろ」と読みます。 「あっても無いかのように軽んずること」という意味になります。

提灯

「ちょうちん」と読みます。 今ではあまり見かけないような気がするのは私だけ?

徐に

「おもむろに」と読みます。 「動作が静かでゆっくりしている様子」を表します。

独楽

「こま」と読みます。 私はこまよりもベイブレードで遊んでいましたね。 懐かしい…。

強ち

「あながち」と読みます。 「必ずしも~ない」という意味になります。

集く

「すだく」と読みます。 虫などが集まって鳴いている様子を表します。

具に

「つぶさに」と読みます。 詳しく、もれなくといった意味になります。

漸く

「ようやく」と読みます。 「やっと」「ついに」という意味になります。

与する

「くみする」と読みます。 「味方する」という意味になります。

所謂

「いわゆる」と読みます。 「世間でいう所の」という意味になります。

捗る

「はかどる」と読みます。 「物事がうまく進む」という意味になります。

逝去

「せいきょ」と読みます。 死ぬの敬語で「亡くなること」という意味になります。

汎用

「はんよう」と読みます。 「広くいろいろな方面に用いること」という意味になります。

揺蕩う

「たゆたう」と読みます。 「ゆらゆらと揺れ動いて定まらない」という意味になります。

ひとこと

今回の記事では、読めそうで読めない漢字を25個挙げてみました。 私もいくつか読むのに悩む漢字がありました。 もっと漢字の勉強をした方が良いのかもしれませんね…。 意外と挑戦してみると難しいですよね。

いかがでしたか? あなたはいくつ読めましたか?