すずろぐ

人生大逆転を目指す、鈴木俊吾の成長日記

スポンサーリンク

Java入門 第3回 四則演算(加算・減算・乗算・除算・剰余)

プログラミング

こんにちは、すずしんです。

今回の記事では、Java入門の第3回ということで、四則演算(加算・減算・乗算・除算・剰余)を扱ってみます。 非常に簡単ですので、気軽に読み進めていってください。

四則演算(加算・減算・乗算・除算・剰余)

Javaでは、四則演算には以下のような記号を使います。 なお、これらの記号は算術演算子と言います。

加算:+
減算:-
乗算:*
除算:/
剰余:%

サンプルプログラム

それでは、四則演算を使ったサンプルプログラムを書いてみましょう。 以下のようにプログラムを作成してみてください。

public class Calc01 {
    public static void main(String[] args) {
        int a = 7;
        int b = 3;
        
        System.out.println("a + b = " + (a + b));
        System.out.println("a - b = " + (a - b));
        System.out.println("a * b = " + (a * b));
        System.out.println("a / b = " + (a / b));
        System.out.println("a % b = " + (a % b));
    }
}

このサンプルプログラムでは、まず変数aに7、bに3と値を初期化しています。 そして、aとbに対して四則演算をしています。 実行結果は以下のようになりますね。

a + b = 10
a - b = 4
a * b = 21
a / b = 2
a % b = 1

複合演算子を使った四則演算

Javaには算術演算子の他に、複合演算子というものがあります。 名前からして一見複雑そうですが、理屈は簡単です。

複合演算子は、左辺の代入対象の変数と右辺の計算対象の変数が同じ場合に使用可能です。 例えば、以下のような場合です。

i = i + 7;

この式は、iに7を足すという処理をしています。 これを複合演算子を使って記述すると以下のようになります。 「=」の前に「+」を持ってきます。

i += 7;

加算以外の複合演算子の利用例は以下のようになります。

i = i - 7; → i -= 7;
i = i * 7; → i *= 7;
i = i / 7; → i /= 7;
i = i % 7; → i %= 7;

サンプルプログラム

それでは、複合演算子を使ったサンプルプログラムを作成してみましょう。 以下のようなプログラムを作成してみてください。

public class Calc02 {
    public static void main(String[] args) {
        int i = 3;
        
        i += 5;
        System.out.println(i);
        
        i -= 4;
        System.out.println(i);
        
        i *= 7;
        System.out.println(i);
        
        i /= 2;
        System.out.println(i);
        
        i %= 6;
        System.out.println(i);
    }
}

このサンプルプログラムでは、まず変数iを3で初期化しています。 その後、複合演算子を使って四則演算を行い、その結果を出力しています。 実行結果は以下のようになりますが、きちんと値の把握ができたでしょうか?

8
4
28
14
2

ひとこと

今回の記事では、Javaの四則演算を扱ってみました。 これで簡単な計算ができるようになりましたね!

次回は、if文を使った条件分岐を扱ってみます。 if文を覚えると、条件に合わせて処理内容を変えることができます。 ぜひ楽しみにしていてください。

関連記事

Java入門 第2回 「変数」の宣言・初期化・代入とサンプルプログラムJava入門 第4回 if, else, else if文を使った条件分岐Java入門 アーカイブ - すずしん