すずろぐ

人生大逆転を目指す、鈴木俊吾の成長日記

スポンサーリンク

Java入門 第1回 開発環境の構築と最初のプログラム(Hello World)

こんにちは、すずしんです。

今回から、不定期ですがJava入門記事を書いてみようと思います。 Javaに興味がある方はぜひ記事を読んで学習してみてくださいね。

今回の記事では、Javaでプログラミングをするために必要な開発環境のセットアップと、最初のプログラムを書いて動作チェックするところまでをやりたいと思います。

Javaとは?

Javaというのは、Sun Microsystems社が開発したオブジェクト指向プログラミング言語です。 1995年に発表された比較的新しい種類のプログラミング言語になります。 汎用性の高い言語のため、Javaは応用範囲が広いです。 デスクトップアプリケーションはもちろん、ウェブサイト上でプログラムを動かすことやAndroidアプリの開発も可能です。 Javaの開発者の数も多いです。

Javaの特徴は、オブジェクト指向言語とWrite Once, Run Anywhereにあります。

Javaオブジェクト指向言語であり、現実世界の物事をオブジェクトとして捉えてプログラム化します。 オブジェクト指向でプログラミングすることによって、人にとって分かりやすいプログラムを書くことができるのです。

Write Once, Run Anywhereというのは、「一度記述すればどこでも実行可能」という意味です。 すなわち、開発環境に左右されずにプログラムを実行することができるのです。 一度プログラムを書いてしまえば、様々なOS(Windows,Mac,Linuxなど)で動かすことができます。 これを別名マルチプラットフォームとも言います。

Java開発環境の構築

Javaでプログラミングをするためには、最低限JDK(Java SE)とエディタが必要です。 ここでは、Java SEと同時にIDENetBeansも導入します。 以下のリンク先のページから最新版のJava SEおよびNetBeansをダウンロード、インストールします。

Java SE - Downloads | Oracle Technology Network | Oracle

Java SE および NetBeansのダウンロード

ダウンロードするにはライセンスに同意する必要がありますので注意してください。 ラジオボタンの「Accept License Agreement」を選択してください。 その後、あなたが使用しているパソコンの環境に合わせたバージョンをダウンロードします。

ダウンロードが終わったら、ダウンロードしたファイルをクリックしてインストールを開始します。 「次へ」をクリックし、続いてインストール対象とインストール場所を選択します。 基本的にはそのまま「次へ」をクリックして先へ進めます。 すると、Java SEとNetBeansのインストールが開始されます。

NetBeansで最初のJavaプログラムの作成

Java SEとNetBeansのインストールが終わったらNetBeansを起動します。 すると、以下のような画面になりますね? 画面左上にある「ファイル」メニューから「新規プロジェクト」を選択してください。

NetBeans

「プロジェクトを選択」画面になりますので、カテゴリから「Java」を選択してください。 その後、「次」をクリックしてください。

NetBeans - プロジェクトを選択

「名前と場所」画面が表示されますので、プロジェクト名を「Hello」、メイン・クラスの作成をチェックを入れてから「Hello」としてください。 その後、「終了」を押してください。 すると、新規Helloプロジェクトが作成されます。

NetBeans - 名前と場所

Helloプロジェクトの中のHello.javaを選択すると、編集画面が表示されます。 Hello.javaの中身を以下のように編集してから保存してください。 ファイルの保存は「Ctrl+S」でできます。

public class Hello {
    public static void main(String[] args) {
        System.out.println("Hello, World!");
    }
}

ファイルの保存が終わったらさっそく実行してみましょう。 画面の「リファクタリング」メニューの下あたりにある「▶」ボタンを押すか、「F6」キーを押してください。 すると、Hello.javaコンパイル、実行されて、画面右下の出力に「Hello, World!」と表示されますね。 このプログラムは、「Hello, World!」という文字列を表示するプログラムだということが分かります。

NetBeans - Hello.javaの実行

それでは、プログラムの中身について簡単に説明します。 まずはクラス宣言です。 以下の部分がクラス宣言をしているところになります。 Javaではクラスという単位でプログラムを作成していきます。 ここでは、Helloというクラスを宣言しています。

public class Hello {
  ...
}

そして、その中でmainメソッドを定義しています。 Javaではmainメソッドから処理が開始されます。 メソッドというのは、一定の処理のまとまりのことを言います。

public static void main(String[] args) {
    System.out.println("Hello, World!"); 
}

mainメソッドの中でSystem.out.println()というのがあると思いますが…。 これは標準出力に文字列を出力するためのメソッドになります。 ここでは、「Hello, World!」と指定していますね。

System.out.println("Hello, World!");

ここまでをまとめると…。 Hello.javaというのは、Helloクラスを宣言して、「Hello, World!」を標準出力に表示するプログラムを書いているというのが分かると思います。

ひとこと

今回の記事では、Javaの開発環境の構築と最初のプログラムを作成・実行するところまでをやってみましたが…。 どうでしょうか? うまくできましたか?

次回からは、いよいよJavaのプログラミングをしていきます。 簡単なところから進めていきますので安心してくださいね。

関連記事

Java入門 第2回 「変数」の概要とサンプルプログラムJava入門 アーカイブ - すずしん