すずろぐ

人生大逆転を目指す、鈴木俊吾の成長日記

在宅ワークサイト「クラウドワークス」に登録してみた感想

クラウドワークス

おはようございます、すずしんです。

この度、私は在宅ワークを始めまして…。 クラウドワークスに会員登録しました! そして、実際にいくつか仕事をしてみたのですが…。 今回の記事では、クラウドワークスに登録したきっかけと、実際に利用してみた感想について書いてみます。

クラウドワークス登録のきっかけ

私は現在仕事を探しています。 当初、と言いますか現在も、アルバイトでも探そうかと思っているのですが…。 なかなか希望の条件のアルバイトが見つからないのですよね。 その結果、無職のまま時間だけが過ぎていってしまいました。

このままではいけない、何か仕事をして収入を得なければと思っていたのですが…。 そんな時、「在宅ワークがあるではないか!?」という事を思い出しました。

在宅ワークというのは、簡単に言ってしまえば家で仕事をすることです。 在宅ワークなら好きな時間に仕事ができますのでとても気軽ですよね。 とりあえず、納期さえ守れば良いですので。

在宅ワークに興味が湧いてきた私は…。 早速、インターネットで在宅ワークサービスを提供しているサイトを検索してみました。 すると、いくつかサイトがヒットしたのですが…。 その中でも私は「クラウドワークス」というサイトが気になりました。 それが以下のリンク先になります。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

インターネット上の色々な記事を読んだところ、クラウドワークスをおすすめしているものが多かったです。 実際に、クラウドワークスは会員数も115万人を突破とかなり勢いがあるようです。 在宅ワークデビューをしたいと思った私は、早速クラウドワークスへ会員登録をしました。

クラウドワークスの特徴

クラウドワークスには、プロ向けの案件から未経験者でも応募可能な案件といった多くの仕事の依頼があります。 取り扱っている仕事のジャンルも幅広く、簡単なものでは記事の作成やアンケートなど、高度なものではプログラミングやホームページ作成などといったものがあります。 その中から受注したい仕事をすることで報酬を得ることが出来ます。 ちなみに、受注する側ではなく発注する側(仕事を依頼すること)になることも可能です。

利用してみた感想

私もクラウドワークスに登録して実際に仕事をしてみたのですが…。 気になるのはその仕事の単価の安さですね。

例えば「記事の作成」という仕事の場合には…。 募集している案件を見ていると、基本的に0.1円~0.3円/文字ほどのものが多いように思います。 在宅ワーク初心者の私が言うのもなんですが、これはあまりにも安すぎるのではないでしょうか?

仮に1000文字書いたとしても、文字単価が0.1円だと100円になります。 これを30分で書き上げた場合には、時給に換算してたったの200円ですよっ!? しかも、記事作成の仕事の場合、書いた記事の著作権は放棄することが基本です。 これが普通になってしまっているというのが恐ろしいですね…。

プログラミングやホームページ作成、イラスト制作などの専門的な技術が必要となる仕事の場合には報酬額も増えますが…。 それでも相場はそれほど高くないような気がしますよ…。 これくらいが適正なのでしょうか?

在宅ワークで稼げるかもと考えた私なのですが…。 現実はそれほど甘くはないようです。 単価が安いので、それなりの報酬を得ようとするとかなりの数をこなさないといけません。 例えば、月に10万円を稼ぐのも大変そうです。

私は将来的にはフリーランスプログラマやライターを目指しています。 ですので、クラウドワークスなどのようなサイトで在宅ワークを実際に体験できるというのは大変ありがたいです。 ただ、報酬額がちょっとアレなのでモチベーションが上がりにくいかもですね…。 とは言っても、せっかく始めた在宅ワークですので、今後しばらくは継続していきたいと考えています。

ひとこと

今回の記事では、クラウドワークス登録のきっかけと利用してみた感想について書いてみました。 うーん、何と言いますか…。 現実はなかなか厳しいですね。

まだ私のスキルが無いのもあって、高単価の案件に応募できないのもありますが…。 それにしてもやはり仕事の単価が安いような気がしますよ。 やるからにはそれなりの収入を得たいですので、できるだけ早く高単価の案件を受けられるようになりたいですね。

もし何か在宅ワークを探しているという方は…。 現実の厳しさを目の当たりにすると思いますが…。 今回紹介したクラウドワークスを利用してみてはいかがでしょうか? ちょっとした収入源にはなると思いますよ?

参考

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」