すずろぐ

人生大逆転を目指す、鈴木俊吾の成長日記

スポンサーリンク

JavaFXで付箋紙フリーソフト「デスクトップ付箋」を作成してみた!

おはようございます、すずしんです。

私はJavaFXの学習をしているのですが…。 その知識を生かして何かフリーソフトでも作れないかと考え、実際にプログラミングをしてきました。 そして、この度私は「デスクトップ付箋」というフリーソフトを作成してみました。 元々は自分のプログラミングスキル向上と自分用に使うために作ったのですが、せっかく作ったものなので公開してみようと思います。 というわけで、今回の記事ではデスクトップ付箋について簡単に紹介していきます。

デスクトップ付箋とは?

「デスクトップ付箋」は、PCのデスクトップに付箋紙を表示させ、そこに簡単なメモを残して置けるようにするフリーソフトです。 このソフトはJava(JavaFX)を使って実装しました。

主な機能としては以下の通りです。 基本的にはシンプルに使いやすくをモットーにしていますので、付箋紙として必要な最小限の機能に絞っています。

  • 付箋紙の作成(大/中/小サイズ)
  • 付箋紙の移動
  • 付箋紙の削除
  • 付箋紙のコンテンツ部分の表示・非表示
  • 付箋紙の編集
    • タイトル/コンテンツの編集
    • 付箋紙の色変更(赤/橙/黄/緑/水/青/紫)
    • 文字サイズの変更(15/18/21/24/27/30)

デスクトップ付箋のスクリーンショットはこんな感じです。 デスクトップの右上にあるのが、デスクトップ付箋によって作成された付箋紙です。 これで大体どんなものかイメージがつきましたか?

デスクトップ付箋 - スクリーンショット

使い方

それでは、ここからデスクトップ付箋の使い方について書いていきます。

新規付箋紙(メモ)の作成

新しい付箋紙を作成するには、タスクトレイ(システムトレイ)にあるデスクトップ付箋のアイコンを右クリック→「新規」からサイズを選択します。 もしくは、既に作成されている付箋紙のタイトル部分上で右クリック→「新規」からサイズを選択します。 サイズは大(400x300)、中(320x240)、小(240x180)の3サイズがあります。

デスクトップ付箋 - 新規付箋紙

デスクトップ付箋 - 新規付箋紙

付箋紙の移動

付箋紙の位置を変えるには、付箋紙のタイトル部分をドラッグしてください。 すると、ドラッグしている間マウスに追従していきます。 配置したい位置でマウスドラッグをやめてください。

デスクトップ付箋 - 付箋紙の移動

付箋紙の削除

付箋紙の削除は、付箋紙のタイトル部分を右クリック→「削除」を選択でできます。 一度削除すると復元できませんのでご注意ください。

デスクトップ付箋 - 付箋紙の削除

付箋紙のコンテンツ部分の表示・非表示

付箋紙の左上にあるボタンをクリックすると、付箋紙のコンテンツ部分の表示・非表示を選択できます。 非表示にすると省スペースになりますので、その状態で並べるとスッキリします。 ちなみに、タイトル部分にマウスを持っていきしばらく待つと、付箋紙のタイトルとコンテンツの内容が表示されるツールチップが表示されます。 そのため、非表示状態でも付箋紙の内容を確認することができます。

デスクトップ付箋 - 付箋紙のコンテンツ部分の表示・非表示

デスクトップ付箋 - ツールチップの表示

付箋紙の編集

タイトル/コンテンツの編集

付箋紙のタイトルの編集は、タイトル部分をクリックしてフォーカスを当ててから文字を入力します。 コンテンツの編集は、コンテンツ部分をクリックしてフォーカスを当ててから文字を入力します。

デスクトップ付箋 - タイトル・コンテンツの編集

付箋紙の色変更

付箋紙の色を変更するには、付箋紙のタイトル部分を右クリック→「設定」→「色」から選択可能です。 赤/橙/黄/緑/水/青/紫の中からお好きな色を選んでください。

デスクトップ付箋 - 付箋紙の色変更

文字サイズの変更

付箋紙の文字サイズを変更するには、付箋紙のタイトル部分を右クリック→「設定」→「文字サイズ」から選択可能です。 15/18/21/24/27/30からお好きなサイズを選んでください。 ちなみに、これによって変わるのはコンテンツ部分の文字サイズとなっています。

デスクトップ付箋 - 文字サイズの変更

ダウンロード

まず、このデスクトップ付箋を動作させるためにはJavaの実行環境(JRE)が必要です。 以下のページからJREの最新版をダウンロード、インストールしておいてください。

無料Javaソフトウェアをダウンロード

デスクトップ付箋は以下のリンクになります。 ZIPファイルになっていますので、ダウンロード後解凍してできた「DesktopFusen 1.00」フォルダを任意の位置に配置してください。 配置する場所としては、すぐに起動できるようにデスクトップにすると良いかもしれません。 実行するときには、「DesktopFusen 1.00」フォルダの中にある「DesktopFusen.jar」をダブルクリックしてください。

デスクトップ付箋の詳細情報 : Vector ソフトを探す!

ひとこと

今回の記事では、自作のフリーソフト「デスクトップ付箋」について紹介しました。 思った通りのプログラムの挙動にするために結構苦戦しましたね…。 でも、それだけ愛着があるソフトウェアとなりました。

フリーソフトという事で、もちろん無料で利用できます。 機能としては大したことはありませんが、シンプルに使えれば良いという方のニーズには応えられると思います。 ぜひ使ってみてくださいね。

ちなみに、動作確認したのはWindowsのみですが…。 Macでももしかしたら動くかもしれません(Java製なので)。 Macユーザーの方もぜひ試してみて、動作報告して頂けるとありがたいです。

関連記事

JavaFX 付箋紙フリーソフト「デスクトップ付箋 1.01」を作成しました