すずろぐ

人生大逆転を目指す、鈴木俊吾の成長日記

スポンサーリンク

Windows10 スタートアップにプログラムを登録する方法

こんばんは、すずしんです。

私は現在のWindows10を使用する前はWindows Vistaだったのですが…。 Windows Vista版なら、自動で起動するアプリケーションを指定する「スタートアップ」にプログラムを比較的簡単に登録することが出来たのですよね。 ただ、Windows10になってからスタートアップへのプログラム登録がややこしくなっていました。

私はふとスタートアップに登録されているプログラムを変更したいとなりましたが…。 対象の場所を見つけるのが一苦労でした。 これは私と同様に悩む人がきっといるだろうなと思いました。

というわけで…。 今回の記事では、Windows10でスタートアップにプログラムを登録する方法について書いてみようと思います。 少しでも参考になれば幸いです。

Windows10でスタートアップにプログラムを登録する方法

スタートアップにプログラムを登録する方法としては、従来通り「スタートアップ」フォルダに自動起動したいプログラムのショートカットを配置するだけです。 これ自体は簡単なのですよね。 ただ、問題はそのフォルダの場所です。 以前まではスタートアップへのショートカットがあったのですが、Windows10ではそれが無いために自分で辿っていく必要があります。

スタートアップフォルダの位置は以下の通りです。 [ユーザー名]には、自分がログインしているユーザー名となります。

C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

スタートアップフォルダへ行くためには、AppDataフォルダをたどる必要がありますが標準では隠しフォルダとなっています。 隠しフォルダを表示するには、エクスプローラーのメニューから設定を変更します。

スタートアッププログラムの登録

スタートアップフォルダを開いたら、後は自動起動させたいプログラムのショートカットを配置してください。 これで次回以降は、配置したプログラムがWindows起動時に実行されるようになります。

ちなみにですが、スタートアップフォルダにすぐアクセスできるようにしておくと幸せになれます。 スタートアップフォルダを「クイックアクセスにピン留め」したり「スタート画面にピン留めする」をしておくと良いと思います。