すずろぐ

人生大逆転を目指す、鈴木俊吾の成長日記

スポンサーリンク

Kindle Paperwhiteが届いたので使用感レビュー!読書に最適!

こんにちは、鈴木俊吾(すずしん)です。

今日、ついに先日注文した「Kindle Paperwhite」が届きました! というわけで、私は早速使ってみたのですが…。 これはなかなかの逸品だと思いますよ。 ちなみに、私が購入したのは「Kindle PaperwhiteWi-fiモデル(キャンペーン情報なし)」です。

今回で電子書籍リーダーを購入するのは初めてなので、他の商品とは比較できませんが…。 もしあなたが本好きならKindle Paperwhiteはおすすめできます。

今回の記事では、このKindle Paperwhite使用感について簡単にレビューしていきたいと思います。

開封と初期設定

それではということで早速開封してみます。 こちらが我が家にやってきたKindle Paperwhiteさん。 なかなかかっこいい箱ではありませんかっ!?

Kindle Paperwhite

箱から中身を確認してみると…。 同梱物は充電用のUSBケーブル、Kindle Paperwhite本体、冊子。 ちなみに、このUSBケーブルはPC経由での充電に対応しています。 どうせならコンセントからも充電できるようにアダプタが付属していれば良いのに…。

Kindle Paperwhite本体の写真を撮っておいたので載せておきます。 画面に電源の入れ方が書いてありますが、まるで紙に書いてあるような質感ですよね。

Kindle Paperwhite

電源を入れると初期設定が始まります。 まずは言語の選択。 当然、私は日本人なので日本語を選択しました。

すると、何だか起動中の画面が表示され…。 しばらく待つと以下の画面がドーンと出てきます。

Kindle Paperwhite

その後、Wi-fiに接続する設定をします。 自宅のWi-fiのパスワードを入力してWi-fiに接続できるようになると、Amazonに自動的に接続します。 すると、自分の名前が表示されます。 どうやらKindle Paperwhiteは購入時点で私のAmazonアカウントと紐づけされているようです。

続いてSNSの設定があります。 私は連携しないので「後で接続」を選択しました。

この後は、Kindle Paperwhiteの使い方についてのレクチャーがあります。 ぱっと使い方を見た感じではそれほど操作は難しくなさそうですね。

使用感

まだ使い始めて間もないですので、ざっくりとした使用感について書いてみようと思います。 第一印象とでも言いましょうか。

まず思ったのは、目が疲れにくいという事です。 数十分読んでみたのですが、目に疲れがそれほどきません。 読書をする時には目への負担が気になりますが…。 このKindle Paperwhiteなら長時間の読書もいけそうな気がしますね。

また、e-inkスクリーンが採用されていて、本物の紙のような読み心地を実現しているとのこと。 確かに、試しに以前購入した電子書籍を読んでみると、紙で読んでいるかのような感じがしますね。 私が今まで電子書籍で読まなかったのは、本物の紙で読んでいる時の感覚が好きだったからです。 でも、Kindle Paperwhiteは本物と比べても遜色ないくらいの読み心地です。 これだったら全然いけますよっ! もっと前から電子書籍リーダーで読んでいれば良かったですね~。

バッテリーに関しては、設定によりますが数週間は持つとのこと。 まぁ数週間とはいかなくても1週間くらい持てば十分な気がします。 ただ、パソコン経由のみの充電となってしまうのがちょっと気になりますね。 コンセント接続用の充電アダプタも購入しておいた方が良いかもしれません。

ひとこと

今回が初めてとなる電子書籍リーダーの購入となりましたが…。 感想としては買って良かったと思います。 これから私の良い相棒になるでしょうね。

もしあなたが読書好きであるのなら…。 Kindle Paperwhiteは非常におすすめの商品になるのではないでしょうか?