すずろぐ

人生大逆転を目指す、鈴木俊吾の成長日記

スポンサーリンク

Robocodeのサンプルロボット「TargetC」を作成してみた!

プログラミング

こんにちは、鈴木俊吾(すずしん)です。

今日は、ちょっとRobocodeのプログラミングをしてみました。 そして、Robocode攻略ブログ用のサンプルロボット作成しました。 その名も「TargetC」ですっ! Robocodeをやっている方はぜひこのロボットと対戦してみてください。

TargetCについて

このTargetCは、Robocode攻略ブログ用に作成したサンプルロボットです。 ロボットの強さとしてはまだ大したことはありません。 Robocodeの入門者のための1on1対戦用ロボットとなります。

特徴

このTargetCは、移動を一切しません。 まさに的(Target)なのです! その代わり、敵ロボットには円形予測で攻撃してきます。

APS

Roborumbleでは、APSが強さを表す指標の1つとなっています。 このAPSが高いほど強く、また逆に低いほど弱いという事になります。

TargetCのAPSは「23.22」となっています。 これはRobocode付属のサンプルロボットで最も強いと思われる「sample.Walls」よりもわずかに強い程度です。 付属のサンプルロボットを全て倒せるようになった後の練習相手にはちょうど良いのではないでしょうか?

攻略のアドバイス

TargetCは移動をしませんので、敵の位置を狙って弾を発射すれば必中します。 なので、あとは円形予測の攻撃に引っかからないように注意しながら回避するようにすれば勝てます。 まだまだ弱いサンプルロボットなので、自信をもって挑戦してみてくださいね。

ダウンロード

TargetCのダウンロードは以下のリンクからできます。 ダウンロード後、Robocodeにインポートすれば対戦が可能になります。 ぜひ対戦させてみてくださいね。

suzushin7.nano.TargetC

ひとこと

Robocodeのサンプルロボットは、弱いロボットから徐々に強くなるように作成していますが…。 思ったよりも強くなりすぎたり、また逆に弱すぎたり…。 なかなかちょうど良い感じの強さのロボットを作るのは難しいです。

関連記事

Robocodeの対戦用サンプルロボット「ChargeL」を作成してみた!