すずろぐ

人生大逆転を目指す、鈴木俊吾の成長日記

スポンサーリンク

Google Analytics Optoutアドオンで自分のアクセスを除外する方法

おはようございます、鈴木俊吾(すずしん)です。

あなたがお使いのホームページやブログでは、アクセス解析ツールを導入していると思います。 そのアクセス解析ツールの中でも、特に「Google Analytics」を使用している方が多いのではないでしょうか? 無料で高機能なアクセス解析ツールとして有名ですからね。

このGoogle Analyticsを導入したら、まずやっておきたいことがあります。 それは「自分アクセス除外する」ということです。 何もしない状態だと、Google Analyticsの解析結果に自分のアクセスが含まれてしまいます。 これだと正しいアクセス解析がしにくいですよね。

そこで、「オプトアウトアドオン」というものを導入します。 すると、簡単に自分のアクセスを除外することができます。 Google Analyticsのユーザーはぜひ導入しておきたいアドオンになります。

今回の記事では、そのオプトアウトアドオンの導入方法について簡単に解説したいと思います。 非常に簡単ですので、ぜひ導入をしてみてくださいね。

Google Analytics オプトアウトアドオンの導入

Google Analyticsオプトアウトアドオンを導入するために、まず以下のダウンロードページに移動します。 そして、画面右側にある「Googleアナリティクスオプトアウトアドオンをダウンロード」をクリックします。 ちなみに、このオプトアウトアドオンは「Internet Explorer」「Mozilla Firefox」「Google Chrome」「Apple Safari」「Opera」に対応しています。

Google アナリティクス オプトアウト アドオンのダウンロード ページ

Google Analytics オプトアウトアドオン - ダウンロード

次の画面では「Google Analytics オプトアウト アドオン - 追加利用規約」が表示されます。 規約を確認してから「同意してインストール」をクリックします。

Google Analytics オプトアウトアドオン - 規約の同意

アドオンをインストールしようとしますが、ブラウザからブロックされると思います。 その際に、「許可」をクリックしてインストールを許可してください。

Google Analytics オプトアウトアドオン - インストールの許可

インストールの確認画面が表示されます。 「インストール」をクリックして、オプトアウトアドオンをインストールします。

Google Analytics オプトアウトアドオン - インストールの確認

オプトアウトアドオンのインストールが終わると、ブラウザの再起動を要求されます。 指示に従ってブラウザを再起動してください。 以上で作業は終了です。 お疲れ様でした。

ひとこと

今回の記事では、Google Analyticsで自分のアクセスを除外するためのアドオン「Googleアナリティクスオプトアウドアドオン」の導入方法について解説しました。 実際にやってみると、解説は要らないくらい簡単でしたよね。 一度導入してしまえば、後は自動でGoogle Analyticsの解析結果から自分のアクセスを除外してくれます。

Google Analyticsを使っている方で、自分のアクセスをお手軽に除外したいと考えているのなら…。 今回の方法は非常におススメです。 ぜひオプトアウトアドオンを導入してみてはいかがでしょうか?