すずしんろぐ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すずしんろぐ

人生大逆転を目指す、鈴木俊吾の成長日記

WordPress 表示速度高速化のために導入したプラグインまとめ

WordPress

こんにちは、鈴木俊吾(すずしん)です。

最近、レンタルサーバーを変えてからブログの表示が早くなったとは思うのですが…。 さらに表示速度高速化させたいと考えました。

そこで、私はWordPressに表示速度高速化のためのプラグインを導入することにしました。 いくつかインストールして試してみたのですが…。 確かに、ある程度効果は出ているような気がしますね。

そこで、今回の記事では私が実際に導入した、表示速度高速化のためのプラグインをまとめて紹介したいと思います。 WordPressの高速化をしたいと考えている方の参考になれば幸いです。

導入したプラグイン

それでは、以下から私がWordPressにインストールしたプラグインについて簡単に紹介していきたいと思います。 実際にインストールする際には、「プラグイン」→「新規追加」からそれぞれのプラグイン名で検索をかけてインストールしてください。

WP Super Cache

WordPressのサイトから静的なHTMLを作成してキャッシュ処理を行います。 これにより、ページの表示速度を高速化します。

Autoptimize

HTML・JS・CSSファイルを縮小するプラグインです。 ファイルサイズが小さくなることで読み込み速度が向上します。

EWWW Image Optimizer

画像ファイルを圧縮してファイルサイズを削減してくれるプラグインです。 画像ファイルをアップロードすると自動で圧縮してくれるので便利ですね。

MO Cache

moファイルをキャッシュして表示を高速化させるプラグインです。 WP File Cacheと一緒に入れると効果大らしいです。

WP File Cache

データベースへのクエリを減らすプラグインです。 MO Cacheと併せて入れると良いです。

BJ Lazy Load

ページを読み込む際に、表示される部分の画像だけを読み込むようにするプラグインです。 それ以降の画像についてはスクロールに合わせて順次読み込むようになります。

SNS Count Cache

TwitterFacebookなどのSNSのシェア数をキャッシュするプラグインです。 このプラグインを使うと、シェア数がリアルタイムに反映されなくなりますのでご了承ください。

DB Cache Reloaded Fix

データベースをキャッシュするプラグインです。 管理画面への表示にも効果あり?

ひとこと

今回の記事では、WordPressの表示速度を高速化するためにインストールしたプラグインについてまとめてみました。 いかがでしょうか? 参考になったでしょうか?

ブログへのアクセスは、表示速度が遅くなるほど減ってしまいます。 今回のような対策をすることで、少しでも多くの人がブログに訪問してもらえるようにしたいですね。

ところで…。 もしこの他にも入れた方が良いというプラグインや、表示速度高速化のための方法を知っているという方は…。 ぜひ私に教えていただけるとありがたいです。