すずろぐ

人生大逆転を目指す、鈴木俊吾の成長日記

すぐできて簡単!Feedly登録ボタンをブログに設置する方法

こんばんは、鈴木俊吾(すずしん)です。

ちょっと質問ですが…。 あなたはRSSリーダーを利用してブログ記事を読んでいますか?

定番のRSSリーダーというと「Feedly」がありますね。 Googleリーダーの代わりとして利用する方が多いのではないでしょうか?

そこで今更感がありますが、私のブログでもFeedlyに対応しなくてはと思いまして…。 この度、Feedlyへの登録ボタンをブログに設置してみました! 実際にやってみたらすごく簡単でビックリしました。 これならもっと早い時期にやっておくべきでしたね…。

そこで、今回の記事ではこのFeedly登録ボタンをブログに設置する方法について解説してみようと思います。 簡単すぎて解説は要らないくらいかもしれませんが一応。 もしあなたがお使いのブログやホームページがFeedlyに対応していない場合にはお試しあれ!

Feedly登録ボタンの設置方法

それでは、以下から実際にFeedly登録ボタンを設置するまでの手順について書いていきます。 普通に順番に読んでいけば誰でも簡単に設定できると思いますので、安心して読み進めていってくださいね。

Feedlyボタンの取得

まずは、Feedlyのボタン取得ページに移動します。 以下にリンクを貼っておきますので、そこから移動すると楽です。

feedly. your news. delivered.

移動先のページでは、Feedlyボタンを設定するまでの手順が英語で書かれています。 この指示に従ってボタンを取得するまで進めていきましょう。

STEP1. デザインの選択

ページの下の方にスクロールすると、STEP1としてFeedlyボタンのデザインを選ぶ部分があります。 そこでは、あなたが使いたいデザインのFeedlyボタンを選択してクリックしてください。 おススメは左上の標準(?)デザインです。

Feedly登録ボタンの取得 - STEP1

STEP2. FeedのURLを入力

STEP2では、あなたがお使いのブログやホームページのFeedのURLを入力します。 例としてWordPressの場合は「ブログのURL/feed」となっています。 私のブログでは「http://bloblo.jp/feed」といった具合です。

自分のブログやホームページのFeedのURLを簡単に調べるには、トップページをまず開き、その後ソースコードを表示させます。 そして「Ctrl+F」を押して検索ボックスを表示させ、「application/rss+xml」と入力して検索してみてください。 すると「<link rel=“alternate” type=“application/rss+xml"」という部分が見つかると思います。 そのhrefのURLを入力すればOKです。

Feedly登録ボタンの取得 - STEP2

STEP3. 自動生成されたコードのコピー

STEP1とSTEP2の設定が終わると、STEP3のテキストエリアにソースコードが自動生成されます。 これをコピーしてください。

Feedly登録ボタンの取得 - STEP3

ソースコードの貼り付け

後は、このコピーしたソースコードを表示させたい位置に張り付けるだけで大丈夫です。 もしWordPressをお使いで、ウィジェットに表示させたいなら…。 管理画面から「外観」→「ウィジェット」と移動して、新規にテキストウィジェットを追加し、そのテキストエリアに貼り付けます。 ねっ、簡単でしょ?

ひとこと

今回の記事では、Feedly登録ボタンを設置する方法について簡単に解説してみました。 基本的にはサクッとできると思います。 躓きそうな箇所というとFeedのURLを入力するところくらいでしょうか?

Feedly登録ボタンを設置しておけば、ブログやホームページの熱心な読者になってくれるかもしれません。 これはとりあえずやっておいて損は無い設定だと思いますよ? まだFeedly登録ボタンを導入していないという方は、ぜひこの機会に設定してみてはいかがでしょうか?