すずろぐ

人生大逆転を目指す、鈴木俊吾の成長日記

スポンサーリンク

ホワイトサポートから光コラボ回線「クラウドライン」の営業電話!

電話

こんばんは、すずしんです。

これは最近の話になるのですが…。 自宅の固定電話に、「ホワイトサポート」を名乗る企業から「光コラボ回線」に関する営業電話がありました。

私がたまたまその電話に出ていたのですが…。 話を聞いてみると、「クラウドライン」という光コラボ回線に切り替えると月々の利用料金が安くなりますよといった感じの内容でした。

今回の記事では、その営業電話に関する話について書いてみようと思います。 同様の営業電話が来た方の参考になれば幸いです。

営業電話

電話の声の主は、比較的若そうな感じがしました。 ただ、営業電話は慣れていそうな印象がありました。 非常に落ち着いていましたよ。

その電話の裏ではガヤガヤとした音声が聞こえていました。 一斉に複数人で営業をしているのでしょうね。 まぁ営業電話によくあるパターンですよね。

私が電話に出ると…。 営業電話の主は「ホワイトサポートです。」と名乗りました。 そして、光コラボ回線に関する説明をしてから「クラウドライン」を宣伝してきました。

クラウドラインについて

その営業電話の内容によれば…。 クラウドラインという光コラボ回線に変更すると、今のインターネット環境はそのままで月々の利用料金が安くなるといった話でした。

今までは、光回線の提供会社(NTTフレッツ光)とプロバイダー(Biglobe, OCNなど)の2つになっていますが…。 これをクラウドライン1つにまとめましょうということです。 そうすれば、安くなってお得ですよといった感じです。

相手の説明に「はい、はい。」と相槌をうちながら聞いていると…。 突如、契約方法についての説明になりました。 NTTの「転用」に関する話が出てきました。

このままでは、勝手に契約する流れになりそうな雰囲気でしたので…。 私は「今すぐには決められません。ネットなどの評判を見てから検討します。」と伝えました。 すると、営業担当の方は「分かりました。ホームページがありますので確認してみて下さい。」と言いました。 そして、この日はそのまま電話が終わりました。

後日、母親が同じ会社の営業電話に出たようなのですが…。 「父親に相談します」と言って電話を切ったらしいです。 それ以来、営業電話は今のところかかってきていないですね。

料金プラン

営業電話でホームページがあると聞かされましたので…。 早速、私はGoogleで「クラウドライン」を検索してみました。 すると、確かにクラウドラインのホームページはありましたね。 以下にリンクを貼っておきますので確認してみてください。

そのクラウドラインのホームページには「料金プラン」が書かれていました。 営業電話の時点では、料金プランの説明は無かったので…。 実際どのくらい安いのだろうかと気になっていたのですよ。

クラウドラインの一般家庭向け料金プランについては以下のような感じです。 何やら色々な項目がありますよね…。

プラン名: Cloud Sky Line NEW (F)56 月額: 5,600円 契約事務手数料: 3,000円 最低利用期間: 36ヶ月 契約解除料: 9,975円 切替費用(転用): 650円/月 * 36ヶ月 初期工事費用(新規): 700円/月 * 36ヶ月

料金プランを見た感想

月々の料金は5600円となっています。 今までの光回線とプロバイダーの料金を併せた金額と比べると…。 確かに、若干は安いようですね。

ただ、気になるのは…。 転用の切替費用として料金が別途かかることです。 月額は安いとしても、これが3年間毎月請求されたらあまり意味が無いような…。 元を取るまでに一体どれくらいの期間がかかるのでしょう?

また、最低利用期間が3年と長いのも問題です。 契約解除料が高いので、もし途中で契約解除をしたくなった場合には厄介です。 契約更新のタイミングはきちんと把握しないといけませんね。

ちなみに、私はクラウドラインという言葉を聞いたのは初めてでした。 知名度的にはどのくらいなのでしょうかね? 評判に関する情報をあまり見かけませんのでかなり心配です。 通信速度やその安定性、サポート体制は大丈夫なのかなど、考えてみれば不安材料がかなり多いですね。

以上を踏まえると…。 ずっと使い続ける予定でない限り、クラウドラインの契約をするのは慎重に考えたほうが良いでしょうね。 あまり深く考えずすぐに契約してしまうと、後々後悔する可能性が高いと思います。

光コラボサービスを提供している企業は他にもあります。 なので、他社とサービス内容を比較して検討した方が絶対に良いです。 もしかすると、他社の方がもっと安いかもしれませんので。

まとめ

今回の記事では、ホワイトサポートからの光コラボ回線「クラウドライン」に関する営業電話の内容について書いてみました。 結論からいうと、料金が安くなるメリットよりも、不安要素の方が勝ってしまっていますね。 なので、これはすぐには契約すべきではないなと思いました。

というわけで…。 もし再び私のところに営業電話が来たら…。 とりあえず、その場の契約は断ることにします。 そもそもすぐに契約させようとすること自体が信用なりませんしね。

ホワイトサポートは、片っ端からクラウドラインの営業電話をかけているでしょうね。 もしかすると、あなたの自宅にも営業電話が来るかもしれません。 その際には、その場で契約せずに他社と十分比較してから契約するかどうか考えたほうが良いと思いますよ。