すずろぐ

人生大逆転を目指す、鈴木俊吾の成長日記

フリーライターの仕事の料金表(2017年10月9日版)

料金表

こんにちは、すずしんです。

フリーランスライターとして仕事を始めようとしている私ですが…。
まだ料金表を作成していませんでしたね。

そこで、自分の価値を値段化するのはなかなか難しいのですが…。
大体の相場をインターネットで調べながら、自分なりの料金を設定してみました。

記事作成代行

あなたに代わって、私が記事を代行で作成します。
丁寧に分かりやすくをモットーにしながら、記事を書かせていただきます。
この場合、著作権は放棄します。

どんなジャンルの記事でも書けるわけではありませんので…。
もし依頼する場合には、あらかじめ詳細をメールなどで教えてください。

基本料金: 10.0円~/文字+税

文字数 料金
400字 4,000円~+税
800字 8,000円~+税
1,200字 12,000円~+税

各種メディアへの寄稿(署名記事)

あなたが運営している各種メディアに対して、テーマに沿った記事を作成して寄稿します。
分かりやすさをベースにしながら、SEOも意識したライティングを行いたいと思います。
寄稿した記事には、ぜひ署名(クレジット表記)させていただければと思います。
署名させていただく代わりとして、基本料金を若干ですが安くします。
この場合、著作権は放棄しません。

どんなジャンルの記事でも書けるわけではありませんので…。
もし依頼する場合には、あらかじめ詳細をメールなどで教えてください。

基本料金: 9.5円~/文字+税
紙媒体の場合: +3.0円/文字

文字数 料金(Web) 料金(紙媒体)
400字 3,800円~+税 5,000円~+税
800字 7,600円~+税 10,000円~+税
1,200字 11,400円~+税 15,000円~+税

PR記事作成

あなたが販売している商品やサービスなどを実際に試して、そのレビュー記事を書いたうえで私のブログに掲載します。
一度公開したPR記事はそのままにしておきますので、半永久的に宣伝効果が得られます。
この場合、著作権は放棄しません。

PR記事を作成するにあたり、実際の商品やサービスなどを試す必要がありますが…。
もしそれが有料の場合、かかった経費(商品代・交通費など)を別途いただきます。

どんなジャンルの記事でも書けるわけではありませんので…。
もし依頼する場合には、あらかじめ詳細をメールなどで教えてください。

基本料金: 20.0円~/文字+税+経費

文字数 料金
400字 8,000円~+税+経費
800字 16,000円~+税+経費
1,200字 24,000円~+税+経費

その他

その他、私に何か仕事の依頼がある場合には、要相談となります。
お問い合わせフォームから詳細について教えてください。
私にできそうなことなら、可能な限り対応したいと思います。

ひとこと

フリーライターの料金は、ピンからキリまであるので値段設定が難しいです。
とりあえず、この値段でと決めてはみましたが…。
いかがでしょうか?

ちなみに、この料金表の値段は、スキルが身についてきたら改定(基本的に値上げ)をしていきます。
ですので、依頼を早くすればするほど、値段を安く済ませることができますよ。
ぜひご検討ください。

価格に見合う、もしくはそれ以上の成果が出せるように努力していきますので…。
今後ともよろしくお願いします。

質問、仕事の依頼などのお問い合わせはこちらからどうぞ。

フリーランスとして働く時に必要な心構えについて考えてみた

フリーランス

こんにちは、すずしんです。

現在、私はフリーランスのライターになろうと準備作業をしていますが…。
正直言って、その後どうなるかよく分かりませんからね。
本当にうまくやっていけるのか不安な部分がありますよ。

そこで、フリーランスにとって必要な心構えについて、この機会に考えてみることにしました。
フリーランスとして働く際に、どんな事を意識すれば良いのかについて記事として整理してみます。

自己管理を徹底する

フリーランスとして働く以上、自己管理は非常に大事になってきます。

仕事については、現在の仕事の数や内容、優先順位などを考慮する必要があります。
どの仕事にどれだけの時間をかけるかというペース配分を決め、それを実際に行動に移します。
フリーランスは、仕事のスケジュールを綿密に組んで、しっかりと管理しなくてはなりません。

健康管理ももちろん大切です。
もし病気などで仕事ができなくなると、収入が減少してしまいます。
常にベストな状態で仕事に臨めるように、日頃から体調には気を使い、病気の予防をしていきたいです。

フリーランスは基本的に働く時間に決まりがありません。
自由に仕事ができる分、常に自分を律して行動する必要があります。
仕事と休憩の区別をしっかりとつけて、規則正しい生活ができるようにしたいですね。

一人の作業を楽しむ

会社であれば、同僚や上司がいて会話を楽しんだりすることができますが…。
フリーランスの場合は、一人で黙々と仕事に打ち込むことが多くなると思います。

もし、この一人での作業が苦になってしまっては、もちろん仕事が十分にできませんよね?
ですので、この一人作業もこの際楽しんでしまうと良いと思います。
フリーランスなら仕事内容も選べますからね。

お金の交渉はしっかりとする

フリーランスの場合、仕事の対価は自分で決めることができます。
自分の仕事の値段を決めるのはなかなか難しいかもしれませんが…。
安易に安い値段で仕事を引き受けてしまわないように、クライアントとしっかりと交渉できるようにしたいです。

好奇心を持ち、何にでも挑戦してみる

フリーランスとして活動していると、自分の分からない分野に遭遇することもあるでしょう。
そんな時も、自分から積極的に学んで挑戦してみるという姿勢が大事になります。
好奇心を持ち、幅広い知識を吸収することで、それが新たな仕事のきっかけになるかもしれません。

常に努力することを惜しまない

フリーランスとして働き続けるためには努力が必要です。
なんせ競争が激しい世界ですから…。

より質の高い仕事ができるように、専門分野の勉強はもちろん欠かせませんが…。
それに加えて、他分野においても幅広い知識を持っていると、後々強い武器になるかもしれません。

努力をすればするだけ、成果もきっと出てくれると信じています。
厳しいフリーランスの世界を生き抜けるよう、私も頑張りたいですね。

ひとこと

フリーランスは基本的に一人で仕事をこなさなければなりません。
必然的にやることも多いですし、大変そうな気もしています…。

ですが、自分でやると決めた以上、しっかりとやり抜きたいと考えています。
フリーランスとして必ず成功をおさめて、幸せな生活を送れるようにしたいですね。

フリーランスとして活動するなら簿記の知識は必要!?

知識

こんにちは、すずしんです。

以前の記事で、私はフリーランスのライターになると宣言しましたね。
そこで、私は現在、個人事業主として活動をするための準備作業をしているところです。

個人事業主として活動をする際にあたって、特に気になることと言えば…。
そう、「確定申告」ですよね!

確定申告をするためには、日々の取引の記録を取っていないといけませんよね。
ちなみに、その記録を付ける際に「簿記」の知識があると便利です。

簿記については、私は何となくは知っていますが…。
具体的にどのようなものなのかは正直分からないです。
でも、個人事業主として活動をする以上、簿記の知識がある方が良いですよね。

そこで、私は簿記とはどのようなものなのか、簡単に調べてみることにしました。
せっかくなので、記事としてまとめておこうと思います。

確定申告とは?

個人事業における確定申告と言うのは、1月1日から12月31日までの1年間の会計結果を「確定」して、翌年の2月16日~3月15日の間に国へ「申告」することを言います。
その際、売上や経費、所得などの情報を確定申告書類に記入して税務署へ提出します。

会社員の場合には、年末調整で経理の人が税金について調整をしてもらっています。
そのため、多くの場合は自分で確定申告をすることはありません。
税金が還付できそうな場合には、確定申告をする必要がありますけどね。

それに対して、個人事業主として活動する場合には、基本的に自分で確定申告をしなければなりません。
1年間の売上や経費などを日々帳簿に記録していき、確定申告の際に確定申告書類に記入します。

簿記とは?

簿記と言うのは、帳簿を付けるために必要な技能です。
資格としても存在していますよね。

個人から大企業まで、経済活動があるところでは、お金の流れをつかむために帳簿をつける必要があります。
帳簿というのは、一定期間ごとにルールに従って記録や計算、整理していく必要があります。
簿記では、その帳簿を付けるルールを学んでいきます。

フリーランスに簿記の知識は必要なのか?

フリーランス、すなわち個人事業主として仕事をする以上、帳簿付けは欠かせない作業となります。
その帳簿付けをする際に簿記の知識があれば、比較的スムーズに作業を行えると思います。

結局、帳簿を付ける際には必然的に簿記の知識が要求されるわけです。
それなら、あらかじめ簿記の学習をしておく方が効率的なのではないでしょうか。

簿記の資格を取るべきなのか?

簿記の資格は、必ずしもフリーランスに必要になるというわけではありません。
ですが、簿記の資格を所持できるくらいの知識があると、帳簿付けの際にだいぶ役立つと思います。
また、簿記の資格があれば、経理の基礎的な知識があるという証明にもなります。

ひとこと

個人事業主、フリーランスとして仕事をする以上、帳簿付けは避けて通れません。
日々の帳簿付けや確定申告の作業を効率化するためにも、簿記の知識はあった方が良いのではないかと私は思います。

現在、私は簿記の資格を取得しようと思い、簿記の学習を本格的に始めました。
慣れない用語がたくさん出てきますので四苦八苦していますよ…。
ですが、後々必ず役立つ場面が来ますからね。
このまま諦めずに学習を続けていきます!

ふとした疑問、自分に向いている仕事って何だろう?

仕事

こんにちは、すずしんです。

ブログの更新が少し止まってしまいましたね…。
どうもここしばらくの間、無気力状態になってしまっていまして…。
パソコンを開くのも億劫になってしまっていました。
これも病気の症状なのか、それとも薬の副作用なのかよく分かりませんけどね。

何かアルバイトをして、将来個人事業主として独立するための資金を貯めたいなと考えているのですが…。
こういった病気持ちの私ということもありまして、仕事に就くというのはなかなか大変です。
希望の条件に合う仕事がなかなか見つからないというのが現状です。
もし見つかったとしても、採用してもらえるかが最大の問題ですよ…。

ところで、ふと思った疑問なのですが…。
今の私は、どんな仕事ができるのだろうと思ったのですよ。
自分の適性を考えて、どんな仕事に就くのが適しているのでしょうかね?

集中力の低下

統合失調症になってからというもの、集中力がガクッと低下したような感じがしています。
何をするにも集中状態が続かずに、すぐに気が散ってしまうのですよね。
そのため、勉強のための読書もかなりのスローペースになってしまいますよ…。

頭の回転も鈍くなってしまったのでしょうかね?
思考もゆっくりとしか考えられなくなりました。
以前なら、すぐに行動できていたことも今ではなかなかできませんよ。
今の何もできなくなっている自分には、自分でも本当にイライラしますね。

体力の低下

まあこれは運動不足なのが主な原因だとは思いますが…。
体力も以前よりかなり落ちてしまいましたね。

薬の副作用で体重が大幅に増えてしまったのですが…。
その増えた体重を減らそうとしても全然減らないのですよ。
その結果、体重は増える一方です。

体重が重いと動くのもしんどいですよね…。
ちょっと動くだけですぐ息切れが起きてしまいます。

この状態のままですと、体を積極的に動かす仕事というのはきついでしょうね。
いわゆる、肉体労働系の仕事はちょっと向いていないかなと思うのですよ。

デスクワーク系の仕事が理想的かもしれないが…

そうなると、デスクワーク系の仕事が良さそうだとなるのですが…。
そもそも、デスクワーク系の仕事は募集があまり多くありません。
それに、女性が多く働いているという印象です。
男性でしかも病気持ちというハンデを背負っているとなると、採用されるのは難しそうです。

フリーランスで何をするのか?

将来、フリーランスで活動したいと考えるようになったのは…。
採用されないのなら、自分の力で仕事を見つけて働きたいと考えるようになったからです。

フリーランスなら、自分のペースで自分に向いている仕事を選んで働くことができます。
いわゆる自由度が高いのですよね。
収入の面についても、仕事がうまくいけば高収入も期待できます。
ただ、会社員のような安定性は無いですけどね…。

現状、フリーランスとしては、プログラミングやライティングを軸にして働こうかなと思っていますが…。
最近になって、もっと自分に向いている仕事は他にあるのではないかと考えるようになりました。
それが具体的に何なのかというのは、まだ現時点では分からないのですが。

最初からこれだと決めてしまうのは、選択肢を狭めてしまうのであまり良くありませんよね。
今興味を持っていることは他にも色々あるのですが…。
それらの中に、もしかしたら適性があるものがあるのかもしれません。
とりあえず、何事もひとまずチャレンジしてみて様子を見てみることにしますかね?

ひとこと

自分の適性に合った仕事を見つけるというのはなかなか大変ですよね。
今の私は、迷走状態に突入していますよ…。
最終的には、理想的な仕事を見つけられれば良いのですけど。

自分の好きな事や楽しい事を仕事にできたら理想的だよねって話

f:id:Suzushin:20170429140407j:plain

こんにちは、すずしんです。

突然ですが質問です。
あなたは、現在の仕事好きですか?
楽しんで仕事ができていますか?

もしその答えがYESなら…。
それはそれはとても羨ましい事ですね。

私の現状

私は現在無職です。
一応、在宅ワークはしていますが収入は微々たるものですので…。
現状、その収入だけではとても生活できたものではありません。

そのため、とりあえずの収入源を確保したくて、アルバイトにはいくつか応募してみました。
ただ、どこの面接に行っても不採用になってしまいます…。
年齢も結構いっていますし、病気の事もありますので、採用してくれるところが見つかりません。
働きたいという意欲はあるのですが本当に残念ですね…。

最終的には、フリーランスのライターやプログラマーを目指そうと思っていますが…。
今は独立するほどの自信はまだありません。
そのため、絶賛修行中といったところでしょうか。

ブログを書くことを通して、私はライティングスキルを磨こうとしていますし…。
プログラミングに関しては、本や学習サイトなどを利用して学習しています。
現在は、勉強することしかできていませんね。

人生は一度きり

人生というのは一度きりです。
それなら、その人生を楽しく過ごしたいと思いませんか?

人生において、大きなウェイトを占めるもののひとつに仕事があります。
もしこの仕事を楽しむことができたら…。
人生における満足度もだいぶ違ってくると思うのですよ。

冒頭でも質問しましたが…。
あなたが現在やっている仕事というのは、好きな仕事でしょうか?
そして、その仕事を楽しむことができているでしょうか?

現実的には、本当に好きで楽しいと思えるような仕事をしている人というのはどれくらいいるのでしょうかね?
本当にやりたい仕事に就くのが難しい場合、やむを得ず他の仕事をしているという方もいると思います。
生活するためにはとにかく働かないといけませんからね。

どの仕事をする(したい)のかというのは、自分が自由に選択することができます。
それなら、本当にやりたい仕事をした方が充実感があって良いのではないでしょうかね。
もし現在の仕事が不満なら、思い切って本当にやりたい仕事を目指すのもありなのではないでしょうか。
もう一度言いますが、人生は一度きりですよ?
後悔した人生は送りたくありませんよね?

私は自分にとって好きな事や楽しい事を仕事にしたいと思っています。
もしそうでなければ、仕事も長続きしませんし、人生も楽しむことができませんので…。

今は、そのための修業期間なのだと思って生活しています。
そして、いつか必ずフリーランスとして独立して、私の好きなライティングやプログラミングの分野で社会に貢献したいのです。
できるだけ早い時期に独立を果たしたいですっ!

ひとこと

人生を楽しく充実して過ごすためには、仕事の満足感が大事になってくると思います。
自分が心からやりたい、楽しいと思う仕事に就くことができたらとても理想的ですよね。

一度きりの人生、楽しむべきだよね、絶対」。
私はこの言葉を胸に、これからの人生を楽しめるようにしていきたいです。

仕事や勉強をゲームとして楽しむとモチベーションが上がる!?

ゲーム

こんにちは、すずしんです。

ちょっと質問ですが…。 あなたは、仕事勉強に対するモチベーションを高く維持できていますか?

モチベーションというのは、そもそも自分が好きな事であれば勝手に湧いてくるものですよね。 それほど意識することが無くても、高いモチベーションを維持することができます。

例えば、ゲーム。 子供のころを思い出してみてください。 寝食を忘れてゲームに夢中になっていた方も多いのではないでしょうか? もちろん、私もその一人ですけどね。

ところで、この夢中になったゲームなのですが…。 「仕事や勉強をゲームだと思ってみる」と、モチベーションが上がるのではないかと考えたのですっ!

仕事や勉強はゲームであると思ってみる

成功したビジネスパーソンの中には、ビジネスをゲームだと捉えている方がいます。 ゲームだと思って楽しむことで、モチベーションを高く維持しているのです。 目標を達成することで充実感を得ることができるわけですね。

私たちもその成功例を参考にして取り入れてみるとどうなるでしょうか? 少なくとも、いやいや仕事や勉強をやっている人達と比べれば、人生が成功しやすくなるのではないでしょうか。

そもそもゲームに夢中になる理由

そもそも、どうして私たちはゲームを夢中になってプレイしてしまうのでしょうか? ゲームというのは、プレイヤーにとって熱中させられるような要素を数多く持っているのです。 例えば、RPGであれば以下のような事がありますね。

・あなたは主人公で、あなたが好きなように行動することができる。 ・ゲームには何らかの目的があり、その目的を達成するべく冒険する。 ・手助けをしてくれる仲間がいる。 ・ダンジョンなどを攻略していく毎に達成感が得られる。 ・物語が進んでいくにつれ、先の展開が気になってしまう。 ・謎解き要素があるとその結果が知りたくなり、謎を解いた時の快感がたまらない。 ・装備やレベルアップなどの成長要素があり、徐々に強くなっていく自分を体感できる。 ・諦めずにゲームを進めていけば、最終的には必ずクリアできる。

こうした要素があることで、私たちはついつい夢中になってプレイしてしまうのです。 これを人生に応用することができればどんなに素晴らしいかと思いませんか?

ゲームの世界だと思い込んでみよう

現実的には、ゲームのように刺激的なイベントは多く起こらないかもしれません。 何もしなければ極々平凡な毎日を繰り返すだけの日々が続きます。 いきなり「あなたは勇者です!」なんてことにはなりませんからね。

それならいっそのこと、日常生活での仕事や勉強、もっとスケールを大きくすれば人生、をゲームだと思い込んでみませんか? これはゲームなのだと思った瞬間から、あなたの人生はゲームになるのです。 最初の一歩はあなたが踏み出すしかないのです。

人生をゲームとして楽しむために大切な事

仕事や勉強、人生をゲームとして楽しむためには、以下のような事が重要なのではないかと思います。

・自分がゲームの主人公なのだと思い込む。 ・ゲームの目的を設定する。 ・楽しみながらプレイすること。 ・ゲームのルールは自分で決める。

恥ずかしがらずに、自分はこのゲームの主人公で、壮大な物語の攻略をしているのだと思い込んでみましょう。 どんなプレイスタイルを取るのかは、あなたが自由に決めることができます。 ゲームのジャンルもあなたが好きなように決められますよ。 また、どんなゲームの展開が起こるのかは実際にその時になってみないと分かりません。 これらはワクワクする要素になると思いませんか?

退屈な日々を過ごしているなぁと感じているそこのあなた。 壮大なスケールの人生ゲームを今から始めてみませんか? きっとこの先の展開が変わってくるかもしれませんよ?

私もこれはゲームなのだと思い込んで、この先の人生を攻略していこうと思っています。 今は難易度的にはハードモードかもしれませんが…。 うまくアイテムを使ったり、経験値を稼いでレベルアップをしながら先に進んでいきたいですね。 よーし、必ずハッピーエンドのゲームにするぞ!

在宅ワークサイト「クラウドワークス」に登録してみた感想

クラウドワークス

おはようございます、すずしんです。

この度、私は在宅ワークを始めまして…。 クラウドワークスに会員登録しました! そして、実際にいくつか仕事をしてみたのですが…。 今回の記事では、クラウドワークスに登録したきっかけと、実際に利用してみた感想について書いてみます。

クラウドワークス登録のきっかけ

私は現在仕事を探しています。 当初、と言いますか現在も、アルバイトでも探そうかと思っているのですが…。 なかなか希望の条件のアルバイトが見つからないのですよね。 その結果、無職のまま時間だけが過ぎていってしまいました。

このままではいけない、何か仕事をして収入を得なければと思っていたのですが…。 そんな時、「在宅ワークがあるではないか!?」という事を思い出しました。

在宅ワークというのは、簡単に言ってしまえば家で仕事をすることです。 在宅ワークなら好きな時間に仕事ができますのでとても気軽ですよね。 とりあえず、納期さえ守れば良いですので。

在宅ワークに興味が湧いてきた私は…。 早速、インターネットで在宅ワークサービスを提供しているサイトを検索してみました。 すると、いくつかサイトがヒットしたのですが…。 その中でも私は「クラウドワークス」というサイトが気になりました。 それが以下のリンク先になります。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

インターネット上の色々な記事を読んだところ、クラウドワークスをおすすめしているものが多かったです。 実際に、クラウドワークスは会員数も115万人を突破とかなり勢いがあるようです。 在宅ワークデビューをしたいと思った私は、早速クラウドワークスへ会員登録をしました。

クラウドワークスの特徴

クラウドワークスには、プロ向けの案件から未経験者でも応募可能な案件といった多くの仕事の依頼があります。 取り扱っている仕事のジャンルも幅広く、簡単なものでは記事の作成やアンケートなど、高度なものではプログラミングやホームページ作成などといったものがあります。 その中から受注したい仕事をすることで報酬を得ることが出来ます。 ちなみに、受注する側ではなく発注する側(仕事を依頼すること)になることも可能です。

利用してみた感想

私もクラウドワークスに登録して実際に仕事をしてみたのですが…。 気になるのはその仕事の単価の安さですね。

例えば「記事の作成」という仕事の場合には…。 募集している案件を見ていると、基本的に0.1円~0.3円/文字ほどのものが多いように思います。 在宅ワーク初心者の私が言うのもなんですが、これはあまりにも安すぎるのではないでしょうか?

仮に1000文字書いたとしても、文字単価が0.1円だと100円になります。 これを30分で書き上げた場合には、時給に換算してたったの200円ですよっ!? しかも、記事作成の仕事の場合、書いた記事の著作権は放棄することが基本です。 これが普通になってしまっているというのが恐ろしいですね…。

プログラミングやホームページ作成、イラスト制作などの専門的な技術が必要となる仕事の場合には報酬額も増えますが…。 それでも相場はそれほど高くないような気がしますよ…。 これくらいが適正なのでしょうか?

在宅ワークで稼げるかもと考えた私なのですが…。 現実はそれほど甘くはないようです。 単価が安いので、それなりの報酬を得ようとするとかなりの数をこなさないといけません。 例えば、月に10万円を稼ぐのも大変そうです。

私は将来的にはフリーランスのプログラマやライターを目指しています。 ですので、クラウドワークスなどのようなサイトで在宅ワークを実際に体験できるというのは大変ありがたいです。 ただ、報酬額がちょっとアレなのでモチベーションが上がりにくいかもですね…。 とは言っても、せっかく始めた在宅ワークですので、今後しばらくは継続していきたいと考えています。

ひとこと

今回の記事では、クラウドワークス登録のきっかけと利用してみた感想について書いてみました。 うーん、何と言いますか…。 現実はなかなか厳しいですね。

まだ私のスキルが無いのもあって、高単価の案件に応募できないのもありますが…。 それにしてもやはり仕事の単価が安いような気がしますよ。 やるからにはそれなりの収入を得たいですので、できるだけ早く高単価の案件を受けられるようになりたいですね。

もし何か在宅ワークを探しているという方は…。 現実の厳しさを目の当たりにすると思いますが…。 今回紹介したクラウドワークスを利用してみてはいかがでしょうか? ちょっとした収入源にはなると思いますよ?

参考

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」