すずろぐ

人生大逆転を目指す、鈴木俊吾の成長日記

ブログに個性が欲しいなら、記事の締めの言葉を検討しませんか?

ブログ記事

こんにちは、すずしんです。

他の方のブログ記事を読んでいると…。
何らかの締めの言葉が書かれていることがあります。

例えば、以下のような感じですね。

「じゃあの」
「それではっ!」
「お読みいただきありがとうございました。」

私のブログ記事の場合…。
記事の内容によって、その都度締めの言葉を変えてきました。

別にこれでも悪くは無いと思うのですが…。

「今までよりブログに個性を出したい!」
「もっとブログの存在を覚えてもらいたい!」

と、考えるようになりました。

そこで…。
私は、自分のブログで使う締めの言葉をどうするか検討してみることにしました。

締めの言葉は個性になる

締めの言葉を一定にしておくと…。
そのフレーズが読者の頭の中に残りやすくなりますよね。

すると、「この〇〇のフレーズは〇〇さんのブログだな」と記憶されます。
記事の内容までは覚えていなくても、最低限フレーズだけでも覚えてもらえれば万々歳ですよね。

数あるブログの中から、自分のブログの存在を知ってもらえるだけでも嬉しい。
さらに、覚えてもらえるとなればもう最高ですよね!

締めの言葉の検討

というわけで…。
私のブログでも、何らかの締めの言葉、いわゆる決まり文句のようなものを決めてみたいと思います。

それではっ!

最初の例にも出しましたが、まあよくありそうな締めの言葉ですね。
最後を「っ!」にすることで、勢いと親しみやすさを表現しています。

お読みいただきありがとうございました。

これも無難そうな締めの言葉ですね。
最後まで読んでいただいた人へのお礼の言葉を述べて締めます。
ただ、ありがちな表現なので、個性を出せるかと言うと正直微妙です…。

それではまたお会いしましょう。

個人的に良いかもしれないなと思った締めの言葉です。
次にまた会えることを期待したメッセージです。

親愛なるあなたへ、すずしんより。

手紙風の締めの言葉を考えてみました。
読者への感謝の気持ちを込めています。
パッと見た感じ、このタイプの締めの言葉はあまり見かけないかも?

あなたの心友でありたい、すずしんより。

心の中で友達でありたい、そんな気持ちを表現してみました。
書いていて、一番オリジナリティはあるかもしれないなと感じました。

結論

個人的に、書いていて気に入ったのが…。

「それではまたお会いしましょう。」
「あなたの心友でありたい、すずしんより。」

の2つでしたので、これらを両方採用することにしました。

個人的には、もっとインパクトがある締めの言葉が思いつけば良いのですが…。
今のところ、これと言って決定的な言葉が出てきませんので、暫定的にこれで決めておきます。
一応、オリジナリティは少しあるかなと思っていますので、まあ良いかなと。

ひとこと

ブログの締めの言葉を固定しておくと、そのブログの個性の一つとして認識してもらえるようになります。
そんなわけで、私のブログも何か個性をつけたいなということで、今回締めの言葉を考えてみました。
インパクトには欠けるかもしれませんが、それでも無いよりはマシかなと思います。

あなたのブログでは、何か締めの言葉を決めていますか?
もし決めていないのなら、この機会に考えてみるのも悪くないかもしれませんよ。

それではまたお会いしましょう。
あなたの心友でありたい、すずしんより。

超便利!iTunesアフィリエイトリンク作成ツールAppHtmlの使い方

AppHtml

こんにちは、すずしんです。

ブログを運営していると、iTunesに関連する商品(アプリ・楽曲・アルバム・動画など)を紹介したい事があると思います。
通常だと、iTunesアフィリエイトのツールを使いますよね?
ログインして、商品を検索して、コードを貼り付けて…といった手順を踏みます。

ただ、この方法だと面倒くさいと言いますか、ちょっと手間がかかりすぎるのですよ。
もっと楽にiTunesアフィリエイトリンク作成ができると嬉しいですよね。

そこで、色々と調べてみたところ、「AppHtml」というツールを発見しました!
私も試しに使ってみましたが、これは便利だと思いましたよ。
簡単に使えて、その上とても使いやすいです。

今回の記事では、その「AppHtml」の簡単な使い方について書いていこうと思います。

AppHtmlでこんなリンクが作成されます

まずは、とりあえず見てもらった方が早いですよね。
AppHtmlを使うと、こんな感じのリンクが簡単に作成できます。

ここでは、水樹奈々さんの「深愛」のリンクを貼っています。
プレーヤーがついていて、再生時間は短い(30秒程度)ですが視聴することが可能です。

深愛
水樹奈々
2009/01/21 ¥250

AppHtmlブックマークレット・メーカーの設定方法

まずは、AppHtmlブックマークレット・メーカーのページに移動します。

AppHtmlブックマークレット・メーカー

すると、以下のような画面になりますね。
必要な設定を行って、ブックマークレットを作成します。

AppHtml

ここでは、例として楽曲の紹介をする場合の設定方法を紹介します。

「設定情報を選択してください(必須)」の部分では、「検索対象」を「Song」にします。
「書式テンプレート」はそのまま、「出力先」「検索件数」については自由に決めてもらって構いませんが…。
ここでは、「ポップアップ」「10件」としてみました。

「PHGアフィリエイトID(トークン)」には、自分のアフィリエイト・トークンを入力します。
アフィリエイトをしないで単純に商品の紹介だけの場合には、入力しなくても構いません。

「テンプレートを直接カスタマイズできます」の部分では、テンプレートを編集します。
アイコン100・曲名・アーティスト名・リリース日・価格を表示させる場合には、以下のようなHTMLになりますのでこれを貼り付けます。

<img class="appIconImg" height="100" src="${icon100url}" style="float:left;margin: 0px 15px 15px 5px;"><strong><a href="${url}" target="itunes_store">${name}</a></strong><br>${artist}<br><font size="-1">${pubdate} ${price}</font><br style="clear:both;"><audio src="${preview}" controls>

「設定を保存」ボタンをクリックします。
これで、AppHtmlの設定が保存されます。

「Bookmarkletを生成」ボタンをクリックすると、その下にブックマークレットのリンクが作成されます。
ここでは、「MusicHtml(Song)」となっていますね。
このうちの「実行またはPC用ブックマーク」の方をブックマークに登録します。

MusicHtmlの使い方

さきほど作成した「MusicHtml(Song)」をクリックします。

すると、ダイアログが表示されますので、そこに曲名やアーティスト名を入力します。
曲名を入れた方がおそらく良いです。

MusicHtml(Song) - 検索

検索結果がダイアログで表示されます。
今表示されている曲で良ければ「キャンセル」、次の候補を見る時には「OK」をクリックします。
この例では、曲が合っていますので「キャンセル」ボタンをクリックします。

MusicHtml(Song) - 検索結果

ダイアログ上にHTMLのコードが表示されます。
このコードをコピーして、記事に貼り付ければ作業は完了です。
これは簡単ですよね!

MusicHtml(Song) - コードの生成

深愛
水樹奈々
2009/01/21 ¥250

ひとこと

今回の記事では、簡単にiTunesアフィリエイトリンクを作成してくれるツール「AppHtml」について紹介してみました。
ここでは、楽曲の場合で説明しましたが、アプリ・アルバム・動画などの紹介にも同様に使えます。

このAppHtmlを使えば、リンクを作成する作業がサクッとできるようになります。
今後iTunesに関する商品を紹介するときには、ぜひこのAppHtmlを試してみてくださいね。
あなたもきっと満足すると思いますよ。

ブロガー注目!クリックされやすい記事タイトルの付け方のコツ5つとは?

ブログ記事

こんにちは、すずしんです。

ブログを運営していると、記事のタイトルをどうするか悩む場面に出くわすことがあると思います。
タイトルの付け方によって、その記事へのアクセス数がガラッと変わってしまう事もありますからね。
記事のタイトルは、アクセスアップのために非常に重要な要素の一つとなっています。

「タイトルが重要なのは分かるけど、具体的にどのようにつけたら良いか分からない…。」
そんな風に考えている方もきっといますよね?

私も同様に疑問を持っていましたので…。
インターネットで魅力的だなと思う記事タイトルを色々と眺めていました。
すると、私は記事のタイトルの付け方について、ある種のコツのようなものを発見しました。

そこで、今回の記事では「クリックされやすい記事タイトル付け方コツ5つ」について書いてみようと思います。

クリックされやすい記事タイトルの付け方のコツ5つ

それでは、ここからクリックされやすい記事タイトルの付け方のコツについて順番に書いていきます。

具体的な数字が入っている

記事のタイトルに具体的な数字が入っていることで…。
読者は、記事の内容についてより具体的に想像しやすくなります。

例えば、以下のような2つのタイトルがあったら、どちらが魅力的だと思いますか?

A. 1ヶ月で4kg痩せた!私が実践したダイエット方法を紹介!
B. 私が実践したダイエット方法を紹介!

おそらく、Aのタイトルの方がより興味を惹かれるのではないでしょうか?
タイトルを見ることで、このダイエット方法はこれくらい痩せることができるのかと何となくイメージができますよね。

数字を提示することで、読者により具体性をアピールすることができます。
これは比較的実践しやすいと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

誰を対象にしている記事なのかが分かる

対象の記事が、誰を対象にしている記事なのかがタイトルを見て分かると…。
自分にとって、その記事を読むに値するかどうかをすぐに判断することができます。

例えば、以下のような記事があったとします。

WordPressでブログを作ったらまずやっておくべき設定

このタイトルを読むと…。
対象となるのは「WordPressでブログを運営している人」だということが分かります。
もし自分が同じ立場であれば、役立ちそうだと判断できますよね。

ここで、もし逆に誰に書いているのか分からないようなタイトルだと…。
本当は関係がある記事だとしても「自分には関係の無い記事なのかな?」と思ってしまい、スルーされてしまうかもしれません。

そのような事態になるのを避けて、確実に少しでも多くの人に読んでもらうために…。
「誰に向けた記事なのか?」ということをしっかりとタイトルで伝えましょう。

必要性・緊急性をせまっている

記事のタイトルに「~するべき」「~必見!」なんて書いてあったら思わず気になりませんか?
その記事を読む必要性や緊急性を、このようなキーワードで伝えることで、読者に興味を持たせています。

この記事のタイトルにも「ブロガー注目!」というキーワードを付けてみました。
ブロガーに対して「読まないと損するかな…」と思わせることで、ブロガーに読んでもらえる可能性を少しでも高めています。

「もしかすると損するかもしれない」と考えると、ついつい気になってしまいますよね。
このような心理が働くことをうまく利用して、あなたもぜひ効果的なタイトルを付けてみてください。

現実的な成果を伝えている

これは「具体的な数字を入れること」にも共通してくるのですが…。
記事タイトルに「成果」がどの程度あるのかがはっきりと分かると、より魅力的なタイトルになると思います。

例えば、以下のようなタイトルの記事があるとします。

ブログ開始3ヶ月で月5万円を稼いだ私がアフィリエイトのコツについて紹介

このタイトルを見ると、「3ヶ月で月5万円」という具体的な成果が分かります。
その成果を知ることによって、読者は現実的だなと感じることができます。

現実的な事なら、記事にも信ぴょう性があるのではないかと考えますよね。
そこから「信ぴょう性がある=読んでみたくなる」につながるかもしれませんよ。

簡単そうだと思わせる

何か情報を探している時に、簡単そうな内容の記事と難しそうな内容の記事があった場合…。
あなたはどちらの記事を読みたくなりますか?
これはおそらく簡単そうな記事を選びますよね。

多くの読者にとっては、問題の解決策が簡単に分かる方が好ましいと思われます。
ですので、タイトルを読んだ段階で、「簡単にできる」という事をできるだけアピールすると良いです。

「簡単」と直接的に言ってしまっても良さそうですが…。
「誰でもできる!」「3分で終了!」「初心者向け」などといったキーワードも向いていそうです。

これらのキーワードを駆使して、記事の内容が簡単に理解・実践できるということを伝えてあげましょう。
特にノウハウ系の記事などには効果的だと思いますよ。

ひとこと

記事のタイトルを付けるのは、簡単そうでなかなか難しいですよね…。
今回、魅力的な記事タイトルについて考えた事は、良い機会になったと思います。
非常に勉強になりました!

今後は、これらのコツを意識しながら…。
今までよりも、よりクリックされやすい記事タイトルを付けられるようにしたいですね。

YouTube動画の埋め込みをCSSでレスポンシブ対応にする方法

YouTube

こんばんは、すずしんです。

ちょっと質問ですが…。
あなたはブログ記事にYouTubeの動画を埋め込んだことはありますか?

特に対策を何もしていない場合には…。
そのまま動画を埋め込むと、その動画はレスポンシブには対応していません。
なので、特にスマホで表示させたときに動画のサイズがおかしくなってしまいます。

そこで、今回の記事では…。
埋め込んだYouTube動画CSSレスポンシブ対応にする方法について書いてみようと思います。
ちょっといじるだけですので簡単ですよ。

YouTube動画の埋め込みをレスポンシブ対応にする方法(シンプル編)

最もシンプルにYouTube動画をレスポンシブ対応にするには次のようにします。

まず、YouTubeから埋め込みたい動画の埋め込みコードをコピーして記事に貼り付けます。
そして、そのコードをyoutubeクラスを付加したdivタグで囲みます。
例えば、以下のようになります。

<div class="youtube">
<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/cZFPVAOrdXQ" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>
</div>

そして、CSSでは以下のように指定します。

.youtube iframe {
  width: 100%;
}

これで、横方向に対してレスポンシブ対応ができます。

YouTube動画の埋め込みをレスポンシブ対応にする方法(完全対応編)

上記の方法では、縦方向に対してレスポンシブ対応になっていません。
そこで、縦方向も対策する必要があるのですが…。
その対策済みのCSSは以下のようになります。
基本的には、こちらの方法で設定しておくと良いのではないでしょうか。

表示するYouTube動画のサイズは480x270としています。
このサイズを変更したい場合には、最初にある「.youtube iframe」のwidthプロパティとheightプロパティを編集してください。

.youtube iframe {
  width: 480px;
  height: 270px;
}

@media screen and (max-width: 480px) {
.youtube {
  position: relative;
  width: 100%;
  padding-top: 56.25%;
}

.youtube iframe {
  position: absolute;
  top: 0;
  right: 0;
  width: 100%;
  height: 100%;
}
}

このように指定しておくと…。
パソコンでは、480x270のサイズで動画が表示されます。
スマホでは、横幅いっぱいのサイズで動画が表示されます。

YouTube動画の埋め込みテスト

試しに、YouTube動画を実際に埋め込んでみました。
スマホで見ても、きちんとレスポンシブ対応になっていることが確認できますよね。
あっ、ついでに動画もぜひ視聴してください!

ひとこと

今回の記事では、埋め込まれたYouTube動画をレスポンシブ対応にする方法について書いてみました。
基本的にはCSSで設定するだけですので、非常にお手軽にできますよね。

ブログ記事にYouTubeの動画をよく埋め込むという方は…。
ぜひこの設定をしておくことをおすすめします。

はてなブログの引用スターで書き手に良いねを伝えよう!

引用スターボタン

こんにちは、すずしんです。

はてなブログのユーザーなら、はてなスターがあるという事はご存知だと思います。
これは、はてなスターを付ける相手に対して、「良いね!」という気持ちを伝えるのに使えます。
もしくは、もっと手軽な意味で「読んだよ!」というメッセージ代わりにもなりますね。

私の場合、他の方のブログを訪問した際には…。
「記事を読みました!」
「良い内容でした!」
という意味を込めて、はてなスターを残していきます。

結構な数のブログをチェックしますが…。
私は全て内容をきちんと読んでいますよっ!
色々なジャンルの記事がありますので、読んでいてもなかなか面白いですね。

ところで、このはてなスターなのですが…。
最近になって、「引用スター」という使い方ができることに気づきました。

この引用スターは、何気に便利な機能だと思いますので…。
ぜひ多くの方に知ってもらいたいということで、今回記事にしてシェアしようと思います。

引用スターとは?

引用スターというのは、ブログの本文で気に入った部分を引用した状態で、はてなスターをつけることができる機能です。
この引用スターを使えば、ブログの書き手に対して「どこが良かったのか」を具体的に伝えることができるようになります!

今までは、単にはてなスターをつけるだけの人が多い印象です。
それだと、「読みました!」「良いね!」くらいの意味になると思いますが…。
「本当に読んだのか?」「具体的にどこが良いのか?」というのがよく分かりませんでした。

引用スターで、お気に入りの部分を引用して表示させることで…。
読者がどこを気に入ったのかを書き手は知ることができます。

「具体的に記事のどこが良かったのか?」と知りたい書き手って結構いると思うのですよね。
それなら、この引用スターを使って、書き手に記事の良い部分を教えてあげた方が親切だと思います。

引用スターの使い方

記事本文中で、気になる部分をマウスでドラッグして選択すると、引用ツールが表示されます。
引用ツールは、上から引用スターボタン、引用ストックボタン、引用ツイートボタンとなっています。

引用スターボタン

この引用ツールの一番上にある引用スターボタン(☆)をクリックすると、選択した文章を引用した状態ではてなスターをつけることができます。
こうして付けられたはてなスターにマウスカーソルを当てると、ユーザー名・プロフィール画像と一緒に引用した文章が表示されます。
これで、誰がどの部分を気に入ったのかが分かるという事ですね!

引用スターを使ってみた

引用スターが使えるという事で、早速私も試しに使ってみました。

新幹線で女買おうとするサラリーマンって - にーちの趣味ぶろ

www.nych87.com

よく読ませていただいている、にーちさんのブログです。
記事の内容を読むと分かると思いますが…。
こんな人もいるのかと驚きましたよ。

引用させていただいた部分がこちら。
まさにその通りですよね。

新幹線はそういう場所じゃない\(^o^)/
by 新幹線で女買おうとするサラリーマンって - にーちの趣味ぶろ

引用スターを付けて、実際に表示させてみたのがこちら。
確かに、引用した文章が表示されていますね。

引用スター

ひとこと

引用スターを使えば、書き手に記事のどこが良かったのかを具体的に伝えることができますので…。
ぜひあなたも引用スターを使うようにしてみたらいかがでしょうか?
今後は、私も引用スターを積極的に使っていきたいですね。

おすすめ記事のリンクを枠で囲うことで強調するカスタマイズ方法

ブログカスタマイズ

こんにちは、すずしんです。

みんな大好きブログのカスタマイズ!
今回の記事で扱うのは、おすすめ記事のリンクを枠で囲うことで強調させるカスタマイズ方法です。

ここでやっている事は非常に単純なのですが…。
意外に効果が出るかもしれませんよ?
試してみる価値はあると思います。

リンクを強調して目立たせよう

通常、リンクを貼る時は以下のような感じになりますよね。

読書の秋!今後読みたいと思う、気になる小説本を紹介 - すずろぐ

まあこれでも悪くないかもしれませんが…。
ここでは、このリンクを枠で囲うという事をしてみます。
そうすることで、リンクが強調されますのでクリック率が上がる…かもしれませんよ。

読書の秋!今後読みたいと思う、気になる小説本を紹介 - すずろぐ

いかがでしょう?
通常よりもリンクが気になりませんか?

CSSの設定

ここでは、CSS設定のサンプルを載せておきます。
気に入ったデザインのコードをコピペしてください。
はてなブログの場合は、「デザイン」→「カスタマイズ」→「デザインCSS」の場所になります。

基本

読書の秋!今後読みたいと思う、気になる小説本を紹介 - すずろぐ

.entry-content .emphasized-link {
  border: 2px solid #df7704;
  background-color: #fcc382;
  padding: 8px 16px;
}

この例では、オレンジっぽい感じの枠線となっていますが…。
枠の色はborderプロパティのカラーコード(#df7704)を、背景色はbackground-colorプロパティのカラーコード(#fcc382)を編集すれば変わります。
必要に応じて、あなた好みの色にしてくださいね。

色の見本は以下のサイトを参考にすると良いと思います。

www.color-sample.com

両サイドが太い枠

読書の秋!今後読みたいと思う、気になる小説本を紹介 - すずろぐ

.entry-content .emphasized-link {
  border: 2px solid #df7704;
  border-left: 8px solid #df7704;
  border-right: 8px solid #df7704;
  background-color: #fcc382;
  padding: 8px 16px;
}

枠が破線

読書の秋!今後読みたいと思う、気になる小説本を紹介 - すずろぐ

.entry-content .emphasized-link {
  border: 2px dashed #df7704;
  background-color: #fcc382;
  padding: 8px 16px;
}

影を付けるだけ

読書の秋!今後読みたいと思う、気になる小説本を紹介 - すずろぐ

.entry-content .emphasized-link {
  border: 1px solid #999999;
  padding: 8px 16px;
  box-shadow: 0 3px 3px rgba(0,0,0,0.5);
}

HTMLの設定

CSSの設定ができたら、いよいよ実際に記事で使ってみましょう。

強調したいリンクをpタグで囲います。
そして、そのpタグのclassに「emphasized-link」を指定します。
やることはこれだけなので簡単ですね!

<p class="emphasized-link"><a href="http://www.suzushin7.jp/entry/2017/10/10/novels-that-i-want-to-read-later" title="読書の秋!今後読みたいと思う、気になる小説本を紹介 - すずろぐ" target="_blank">読書の秋!今後読みたいと思う、気になる小説本を紹介 - すずろぐ</a></p>

ひとこと

今回の記事では、リンクを枠で囲う事で強調させるカスタマイズについて書いてみました。
やっていることは「枠で囲う」だけという非常にシンプルなものなのですが…。
リンクが目立ちますので、クリックされやすくなるかもしれませんよ。

導入も簡単にできますので…。
もし良かったら、あなたのブログでも試してみてくださいね。

余談

おすすめ記事のリンクを貼ろうとしたときに、リンクタグを自分で手入力するのは面倒ですよね。
そんな時は、私のブックマークレット「PageLink」をぜひお使いください。
あっという間にリンクタグを作成できますよっ!

アフィリエイトで成果を上げるには読者との信頼関係が大切!

アフィリエイト

こんにちは、すずしんです。

ちょっと質問ですが…。
あなたは、アフィリエイトをする上で大事な事って何だと思いますか?

商品の売上?
それとも、成約率?
うん、まぁどちらも大事かもしれませんが…。

アフィリエイトというのは、簡単に言ってしまえばインターネット上で行う商売ですよね。
という事は、商売をする上で大事な事を考えてみれば分かります。

答えは…「信頼関係」ですね。
その個人や店に対する信頼関係無くしては、商品を売ることは難しいと思います。

商品が売れるには?

例えば、ある商品Aがあるとします。
その商品Aは、あなたが以前から欲しいと思っていて、購入したいと考えています。
その商品Aが店1と店2で売っています。

店1は、店員がとても親切で、商品Aについて質問すると丁寧な説明をしてくれます。
店2は、ただ商品を売っているだけで、特にこれといったフォローはしてくれません。
この時、あなたはどちらの店から購入しますか?

普通なら、店1を選びたくなりますよね?
商品Aの知識を持っていて、客の質問にも応えてくれるという事で、その人(店)との信頼感が増します。
すると、「この人(店)は信用できるからここから購入しようかな…」と思うようになります。
その結果、商品が売れるのです。

商品を売るためには信頼関係が大切!

アフィリエイトでも同じような事が言えると思います。
アフィリエイトだって、立派に商品を売っていますからね。

アフィリエイトの場合、信頼関係を築くのは読者です。
読者と信頼関係を築くためにはどうするのが一番良いのか?
それは、読者に「有益な情報を提供する」ことです。

単なる商品の説明だけの記事だったら、公式のホームページを見れば済みます。
そうではなくて、商品の説明以上に何らかの付加価値をつけることで、読者に役立つ情報を提供しましょう。
具体的には、実際に使用してみた感想、良い点、悪い点などでしょうか。

読者がブログの運営者に信頼を寄せるようになれば…。
「この人がおすすめする商品なら買っても良いかな…」と思ってくれるようになるかもしれませんよね。
そうすれば、以前よりも商品が売れるようになるでしょう。

また、読者に対しての感謝の気持ちを忘れてはいけません。
ブログというのは、読者がいてはじめて意味があるのです。
「いつも訪問してくれてありがとうございます。」
そういった感謝の気持ちがこもったブログ記事なら、あなたも読みたくなりますよね?

有益な情報を提供することの大切さ

ブログ記事の読者の立場をまず考えてみると…。
読者は、何らかの悩みや疑問があって訪問してきたのですよ。
それならば、我々ブログの運営者は、その悩みや疑問を解決してあげると親切ですよね。

有益な情報を発信し続けることで、読者は信頼してくれるようになります。
そうすれば、おすすめする商品も売れるようになります。
これはまさにWin-Winの関係ですねっ!
こうした関係を目指していきたいものです。

ひとこと

私もアフィリエイトをしていますが…。
成果はほとんどありませんよ。
今はまだこの読者との信頼関係が構築できていないのでしょうね。
より有益な情報を提供して、読者に信頼してもらえるように、日々努力をしていきたいです。

ブログ・アフィリエイトの勉強用に購入したおすすめの本

本

こんにちは、すずしんです。

私がこのブログの運営を始めてからしばらく経っていますが…。
ブログの収益という点においては、正直あまりというかほとんど稼げていないのが現状です。

他の方のブログを読んでいると…。
私と同様にあまり稼げていない人もいれば、月に数十万円も稼ぐ人もいます。
中には、月商100万円を超えているというブログも見かけました。

ブログで稼ぐというのは、参入するのは簡単なのですが…。
成果を出すのはなかなか難しいですよね。
本当に稼げているのは、ほんの一握りの人だけとなっています。

ただ、どうせブログをやるのなら、今よりもさらに収益が増えてくれると嬉しいですよね。
そこで、私はブログアフィリエイトの勉強の意味も込めて、今回新たに本を購入してみました。

世界一やさしいアフィリエイトの教科書1年生

私はアフィリエイトについての基本的な知識は持っていると思っています。
ただ、成果が全く伴わないのですよね…。
収益としてもほぼ0円という日々が続いています。
アフィリエイトの知識があっても、実践で生かせなければ意味が無いのですよね。

そこで、私はアフィリエイトについて再入門することにしました。
インターネットで色々なアフィリエイト本の情報を調べていたところ、今回の「世界一やさしいアフィリエイトの教科書1年生」を見つけました。

染谷昌利さんの本については、以前「世界一やさしいブログの教科書1年生」を読んでいました。
非常に分かりやすく丁寧に書かれていましたね。
そんな染谷昌利さんが書くアフィリエイト本も、きっと分かりやすいのだろうなということで期待しながら購入したのです。

今はまだ最初の方しか読んではいませんが…。
アフィリエイトの仕組みのところから親切丁寧な解説がされていますよ。
イラストや表も豊富にありますので、視覚的にも理解しやすいですね。
これはスラスラと楽しく読み進めていく事ができそうです。

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—

ウェブライティングに関する記事を読んでいると、時々おすすめとして出てくるのがこの本です。
なかなか見た目のインパクトがありますよね…。

結構な数のブログでおすすめされていることもありまして…。
私はちょっと気になり始めたのですよね。
そんなに絶賛する本なら、一度読んでみた方が良いのかなと思うようになりました。

ブログの書き方については、私は特に勉強などはしていません。
まさに自己流なのですよね。
一応、読みやすく分かりやすい記事を書くことを心がけて書いているつもりですが…。
自信についてはあまりありませんよ。

そこで、今後のライティングスキルアップの期待も込めまして…。
今回「沈黙のWebライティング」を購入してみましたっ!
やはり、ウェブライティングについて勉強してみるのも大切かなと思いました。
今よりももっと読者に喜んでもらえるような記事を書きたいですので。

ちなみに、この本はページ数がなんと632ページもありますっ!?
これはなかなか読むのが大変そうなのですが…。
今後のために、しっかりと読み進めていきたいです。

これだけの量の知識が入れば、きっと私も少しはレベルアップするはずです。
この本で得たウェブライティングの知識を吸収しながら、今後のブログ運営に生かしていきたいです。
これでもっと読者が増えてくれたら嬉しいですねっ!

ひとこと

ブログとアフィリエイトについては、私は分かっているような分かっていないような微妙なラインでした。
なので、ここで改めてしっかりと知識を入れようという事で、今回2冊の本を購入してみました。

しっかりとこれらの本を読んで、知識を頭に叩き込んでいきたいです。
そして、得た知識を実際のブログで生かすことができると良いですね。

…さて。
頑張って本を読み進めていきますか。

ブログを毎日更新するためのブログ記事のテーマの選び方

ブログ

こんにちは、すずしんです。

ちょっと質問ですが…。
あなたはブログを運営していますか?
もし、運営しているのなら、そのブログは毎日更新することができていますか?

ブログを毎日継続して更新し続けるためには…。
自分にとって書きやすいと思うテーマを選択する必要がありますね。
ただ、それは具体的にはどのようなテーマが良いのでしょうか?

ブログを毎日更新するためのブログ記事のテーマ

自分の好きな事、興味がある事

まずは、やはりこれが基本になるのではないでしょうか?
自分が好きだったり、興味がある分野をそのままテーマにしてしまいます。

ブログを更新するうえで問題となってくるのが、記事のネタが無いということですよね。
自分の好きな事や興味がある事だったら、他の事よりもネタが豊富に出てくるかもしれませんよ。

また、ブログを定期的に更新するためには、記事を書くこと自体が苦行になってはいけません。
自分の好きな事や興味がある分野をテーマにすることで、楽しみながら記事を書いていきましょう。

楽しみながら書いた記事というのは、きっと読者にもその楽しさが伝わっていると思います。
読んでいて楽しい記事なら、また読みたいと思いますよね。
すると、もしかするとリピーターにもなってくれるかもしれませんよ。

自分の人生観、教訓

自分自身が今まで生きてきた中での人生観や、人生の教訓について書くというのも良いテーマだと思います。
これまでの人生の中で勉強になったことや疑問に感じたことなどについて正直に書いていきましょう。

人それぞれ考えることは異なり、個性が出てきますので…。
「あっ、こんな考え方もあるのだな」と参考になる部分もあると思います。

これから先、人生において色々な事を経験していくでしょう。
その経験について学んだことについて記事にしておくと、その経験が他の人の役に立つ時が来るかもしれませんよ。

自分の体験談

当然ですが、自分の体験談というのは、自分にしか書くことができません。
それは、記事のオリジナリティとなりますよね?
記事としての価値も高まると思います。

人それぞれ様々な体験をすることがあると思いますが…。
その体験談について書いてまとめていくことで、より個性のある魅力的なブログになるのではないでしょうか。

実際の仕事や勉強してきたことなど、自身の体験をそのまま記事にしましょう。
実体験の記事は、読者が書き手の苦労や経験を追体験させることができますよ。

ひとこと

ブログを毎日更新するというのはなかなか大変なのですが…。
今回紹介したテーマを参考にしながら、ぜひ記事を書いてみてくださいね。
この記事が少しでもあなたの参考になれば幸いです。

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

この記事は、当ブログにおける個人情報の保護指針、およびその扱い方についてまとめたものです。

Google AdSense

当ブログでは、広告配信にGoogle AdSenseを利用しています。
Google AdSenseでは、Googleなどの第三者配信事業者が、適切な広告を配信する目的でCookieやウェブビーコンを使用することがあります。
このCookieには、当ブログや他サイトへのアクセスに関する情報(氏名・住所・メールアドレス・電話番号などは除きます)が含まれています。
ユーザーは、必要に応じて設定によりパーソナライズ広告を無効にすることができます。

Google Analytics

当ブログでは、アクセス解析にGoogle Analyticsを利用しています。
Google Analyticsでは、アクセスに関する情報を収集する目的でCookieを使用しています。
データの収集・処理がされる仕組みについては、以下のページを参照してください。

ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用 – ポリシーと規約 – Google

Amazonアソシエイト

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
必要に応じて、ユーザーから直接情報を収集し、ユーザーのブラウザにCookieを設定したりする場合があります。